ロングライフ・デザイン

  • ブックマーク

世の中には、ほとんど仕様を変えずに愛用されているロングライフ・デザイン・グッズが沢山ありますね。例えば、暮らしの手帖(第一世代の第54号)で紹介された日東紡のふきんもその一つ。同誌によると1960年頃の日本には、まだ「ふきん」と呼ばれる専用品は無く、丈夫で機能的なアメリカ製は高価で高嶺の花だったそうで、90%以上の家庭では、「てぬぐい」を「ふきん」として使っていたそうです。

そうした中、暮らしの手帖社の研究所は、家庭で実際に使われている「ふきん」を集めて大腸菌などバイ菌の繁殖状況を調査。ほとんどの家庭が石鹸で毎日洗濯はするものの、天日干しで完全に乾かしたり、霧吹きとアイロンの併用で殺菌するという習慣がないこと。てぬぐいは、吸水性には優れているものの、そのどれもが小振りで、洗濯を繰り返すと縮んだり変形するなど強度的な弱点があることを指摘。読者に「ふきん」の洗い方や干し方についての指導をしつつ、新しい「ふきん」の製品化について日東紡に共同研究を持ちかけました。こうした衛生状態を危惧して開発された「ふきん」の伝播力は凄まじく、超ロングセラーを継続しているのはご存知の通り。自分も母の影響を受けて学生時代から愛用しています。

ボビーワゴン@拙宅

こちらは、イタリア出身のデザイナー・ジョエ・コロンボボビーワゴン。彼の名前は、月刊 JAPAN INTERIOR DESIGN 誌の no.130 特集=ジョエ C.コロンボの造型(1970年1月号)で知りましたが、その7年後に同誌編集部に所属するとは夢にも思わず(笑)。2020年、ボビーワゴン誕生50周年を記念して、新色「CUMIN」が登場。

こちらは、建築家・アルヴァ・アアルトがデザインした STOOL 60 。座面修理が必要なのは、1973年頃に購入。手前の2脚は、1986年頃に購入。他に、リノリウムを座面に貼ったタイプを台所と寝室で使用しています。過日、このスツールを見た105歳の祖母が「賢そうやなぁ!」とコメント。この名言をご紹介したくてエントリー。

Helsingin Sanomat のトップページ(1976)

アアルトの逝去を知ったのは、フィンランドのヘルシンキ空港へ降り立った1976年5月13日の朝。その時に買い求めた Helsingin Sanomat の訃報記事が手元にありますが、その日に見学で訪ねたオタニエミのヘルシンキ工科大学(現・アアルト大学)では、何事もなかったように授業が続けられていました。

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

展覧会:アイノとアルヴァ 二人のアアルト(終了)
    建築・デザイン・生活革命
会 期:2021年3月20日(土)〜6月20日(日)
    10:00〜18:00
入館料:1,200円(一般)
会 場:世田谷美術館
    東京都世田谷区砧公園1-2
    03-3415-6011

フィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アアルト(1898〜1976)。使い手の視点に立ったきめこまやかなデザインと、地域や社会に根ざした建築を目指す姿勢 ―― その原点は、もう一人のアアルト、妻・アイノ(1894〜1949)の強い信念によってかたちづくられたものでした。アイノが、まだ無名のアルヴァと出会ってから先に没するまで、互いを補い合いながら同じ理想を共有した25年間の軌跡を、初公開となる貴重な数多くの資料を交えて辿ります。

小谷眞三さんのタンブラー

こちらは、吹きガラス手法による倉敷ガラスのタンブラー。1983年頃のものですが、琉球ガラスを手本にオリエント風な倉敷スタイルを生み出した小谷眞三さんの代表的な作品。「上手でもなく、下手でもない。いやしくなく、気品があって、 しごく、あたりまえにできていて、 たいへんよろしい」と、バーナード・リーチさんからも評価されました 。

復刻版のコアーズ・ケトル(2007) デザイン:佐久間義敬。製造:(株)本間製作所。

こちらは、商品科学研究所(1973〜1988)の設立5周年公募論文で一席になった中島奈緒実(女優・白石奈緒美)さんの「薬缶 — その歴史的変遷と現在の製品についての問題点」を元に、あるべき理想のやかん像を描きながら研究が重ねられ1979年に商品化されたコアーズ・ケトル。

デザインの特長としては、ふたを取らずに大きい注ぎ口から直接水を入れられる。ふたが大きいので中の掃除もし易い。取っ手とふたのつまみとの間隔を狭くしたため、持った手の指の背でふたを押さえることができ、片手で注いでもふたが落ちる心配がない。また、ハンドルが固定されているので、注ぐ時に安定感があり、取っ手を焦がしたり熱くて持てなくなるような心配がない。

手の大きさ、握力を計算に入れ、取っ手のカーブや親指のあたる部分に滑り止め用のギザギザをつけるなど、ユニバーサルで使いよい形状を追求している。また、ハンドルに細い2本のステンレスを使用したことにより、取っ手への熱伝導率が低い。注ぎ口の穴は、水道の水圧と注ぐ時の安全性を考え、上段を小さく下段を大きくしてある。そして、魔法瓶の一般的な容量(2.2リットル)が無理なく一度に沸かせるなど、このケトルは日常生活のなかで使われる「モノ」を、いま一度見直そうという企画から生まれました。

毎年、クリスマスが近づくと、全国の玩具売場でスイスのネフ社の積み木を使ったデモンストレーションが行われ、子供は勿論、大人までその見事な「パフォーマンス」に釘付けになる。でも、ほとんどの人は、その積み木の値札を見て財布の紐をキュッと締める(笑)。実は、僕もその一人でしたが、ある時、積み木の自作者と話していて、ネフの積み木がとんでもない技術で作られていることを教えられました。使用されている木材、色、フォルム、その全てに奥深き志がある。たかが「積み木」と侮るなかれ。

創業者のクルト・ネフ(1926~2006)は、家具メーカーに勤務後、1954年に自作の家具や北欧のデザイン小物を扱うショップをバーゼル設立。その後、1958年に玩具・ネフスピールを発表し世界中から注目を集めるようになった。正に「良心」という言葉が似合う仕事だと思います。

「毎年クリスマスが近づくと木の玩具屋:ニキティキに、なぜだか入ってしまうのですが、そこでじぃ~と見とれました。吾が子には勿体無い、、、孫でも生まれれば買おうかしらと思います。いい積み木は、打ち鳴らしてもいい音がして、てのひらに丁度よい重さを感じます」とのコメントをいただきました(2010年7月6日、追記)。

ステルトンのヴァキュームジャグ(1977)

こちらは、アルネ・ヤコブセンのステルトンヴァキュームジャグ(第1世代)。ヘアーライン仕上げのステンレス・ボディとグラスフィラー、ジンバル式の蓋など、僅か7点の部品で成立させた力量は、デザイナーのエリック・マグヌッセンが優れたヨットマンでもあったことの証左だと思います。この意味、理解して貰えるのかな? 因みに、第2世代(1979〜)は、カンボジアのシェムリアップにあるリゾートホテル・ソフィテルでコーヒー・サーバーとして活躍していました 🤣

この記事を書いた人