タイラコウさん

  • ブックマーク

2009年9月の MIU ART BOX (2004〜2017)を飾ってくれたタイラ・コウさんの作品・アメイジング・グレイス(ミクスト・メディア)をコレクションに加えました。国旗をモチーフにした缶バッチ196個(因みに国連承認国は194ヵ国)がキャンバスに留められている。

創作の源流となっている「アメイジング・グレイス」という曲には、黒人奴隷貿易に関わったジョン・ニュートン(作詞)の深い悔恨と神の恩寵への感謝が込められているという。「汎アフリカ色」には、肥沃な大地(緑)と、平和、民族、宗教の調和(黄)、殉教のために流された血(赤)という意味があるそうだ。

タイラさんは、コメントが真摯でユニークで楽しくて、その真っ直ぐで飾らない心持ちに惚れています。因みに、MIU ART BOX の展示作品買い上げは、これで12点目。そろそろマイ・コレクション展も視野に入れて良い頃かな? 

タイラ・コウ展@Cafe × ATELIER Z(2010)

個 展:タイラ コウ・木版画展(中止)
日 時:2021年5月29日(土)~6月13日(日)
    11:00~18:00
会 場:ギャラリーくわみつ
    広島県福山市大黒町1-1
    084-922-3323

北斎といえば、「凱風快晴」と「神奈川沖 浪裏」が世界的に有名な作品であり、多くのアーティストにアレンジされています。木版画家としての私は、「私ならこう摺ってみたい」という想いににかられ、北斎の彫り師となってみたかったのです。

略歴など

1960年、岡山県生まれ。

2020 木版画展・北斎の摺り師になってみたかった(今治市大三島美術館)
2017 Japan Expo・北斎へのオマージュ(パリ)
2010 木版画小品展(Cafe × ATELIER Z
2008 バンクーバー国際ミニアチュール・ビエンナーレ
    国指定史跡・鞆の浦の福禅寺と対潮楼の版木(復刻)制作
2003 国際コンテンポラリー・アート・フェスタ
1993 さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ
1992 版画・期待の新人作家大賞展(新宿 ISETAN)
1991 国際美術大賞展(東京芸術劇場)

この記事を書いた人