入院日記 = 直腸ガン(ステージ3b)の手術

  • ブックマーク

Chapter1

平成25年(2013)2月26日、全身に疲労感を覚えるようになり、玉野市民病院を受診。極度の貧血(血液中の鉄分が極端に低下)と診断されました。それでも直ぐに仕事に復帰出来ると軽く考えていたのですが、その貧血の原因が悪性の大腸ポリープによるものと知らされ、即日入院となりました。これぞ、青天の霹靂!

2月27日、CT 検査では、転移がないとの診断でしたが、念のため、岡山画像診断センターで PET 検査をするように指示されました。そして、手術の際の出血が 500ml を越えると輸血(400ml)が必要になるので、毎日1本(20ml)の鉄剤投与が必要と伝えられる。貧血が改善しなければ、献血に頼る事になる。事態は、想像以上に酷かった。

画像は、玉野市民病院の個室Aと初日の朝食。シーツ類の交換は、週1回。レンタルの寝間着は、1着100円。1週間で2着を使い回す配給態勢。冷蔵庫の使用料は、1日50円でした。

Chapter2

3月8日、大腸ポリープ摘出手術先として紹介して貰った岡山済生会総合病院での手術前検診で、3月24日に転院し、26日に手術という段取りに。因みに、玉野市民病院の個室Aは、3.675円。岡山済生会総合病院の個室Aは、8,925円。担当のナースが言うには、「当院が安過ぎなんですよー」とのこと(笑)。

3月12日、ヘモグロビンの数値が2.6ポイント上がって、フェリチン(鉄貯蔵)も正常値に回復。血圧も引き続き正常値(病院食のお陰・笑)。同日、医療費限度額適用認定証の発行手続きの書類を協会けんぽに郵送。動ける患者は、何でも自分でしなければならない。この世は、知らない事ばかり。何事も社会勉強ですね。

3月15日、玉野市民病院の担当医から「先日の PET 検査では、今回切除する大腸の1箇所以外に癌の増殖が見当たらなかった」と伝えられました。そして、「手術に臨めるのは、幸運な事」ということも教えられました。

3月19日、ザイロリック50mg からアロプリノール100mg に変更。尿酸値が基準値より0.4ポイント高くなった事への対応と思われます。

Chapter3

画像は、パートナーからスーリィ・ラ・セーヌのイチゴ・ケーキで誕生日を祝って貰ったショットと玉野市民病院のロビーのマガジンラック。入院中に既読した雑誌を置き土産しました。

3月25日の午前9時、岡山済生会総合病院の30代半の手術担当医3人が病室に代わる代わる挨拶に来られる。執刀医は、名医・赤在義浩先生。癌(リンパ節も)と一緒に盲腸も摘出すると伝えられる。午前10時、感染予防のイソジンガーグルでうがい。午前11時、女性看護師に恥毛の処理して貰って、シャワーを浴びる。手術に備えて売店でリネン類(オムツやバスタオルなど)を購入して名前を記入。午後1時、排便。午後3時、下剤をコップ1杯飲む。体重64.2kg。午後5時、点滴開始。午後6時、人口肛門用マーク記入(術後、患部があと1cm肛門に近かったら必要だったと知らされる・汗)。午後7時、ビタミン入り点滴。午後8時30分、手術開始が翌日の午前10時30分になった事を実弟に伝える。

3月26日の午前7時15分、浣腸され手術に備える。体重 62.6kg。午前10時30分、手術開始。実弟と義妹が付き添ってくれる。5時間30分後、集中治療室に移動、最初の20分ほど激しい寒気に襲われ便意を覚えオムツに排便。少量だったと思うけれど、人前での排便も人生初経験(涙)。ベッドが硬くてお尻に圧迫による痛みがあり、寝返りを何度も試みるも、ほとんど眠れず。

3月27日の午前9時、車椅子で病室へ移動。麻酔医によると、全身麻酔から車椅子で移動したのは凄いと驚かれるが、執刀跡の痛みが酷く、筋肉注射と睡眠導入剤を打って貰い睡眠を貪りつつ、手術後のリハビリが本当の大仕事である事を実感。首の太い静脈から高カロリー点滴(ソリタ-T4号・術後回復液)を入れて貰った。お陰で口から水も食事も採れなくても生命が維持される事にも衝撃を受ける。

Chapter4

画像は、左から成分栄養剤ドリンク(リンゴ味)。手術後に移った9階の個室。個室の洗面所(シャワー付)&トイレ。術後初めて口にしたお茶。

3月28日、手足のムクミ解消のため、とにかく歩く事を推奨される。肺炎予防の「霧」を1日3回吸引させられるが、肝心な痰はほとんど出ず、ただただ気分が悪いだけ。

3月29日、肺と腹部のレントゲン検査。

3月30日、自力排泄出来るよう尿道に挿入していたチューブを抜いて貰う。夕方、痛み止めの薬剤を注入していた背中のチューブを抜く。同夜、痛み止めと精神安定剤をお尻に肉注射して貰い、術後初めてストレスなく4時間ほど熟睡を取る。

4月3日、手術後の皮膚を縫った医療用ステープラーを半分抜鈎してガーゼを交換。腸内の汚れをチェックするチューブを3cmほど抜いて検査&様子見。夕方、首の点滴チューブを抜く。体重62kg。赤在先生からリンパ節の病理検査の結果、直腸癌のステージが 3b であり、抗がん剤の投与についてのインフォームド・コンセントを受ける。

4月4日、腸部内部(腸内液の汚れをチェック)に挿入していたチューブと首の点滴チューブが抜かれ、オムツからも解放される。身体の自由は、心の解放と実感。「順調なので、これからは退院を目指すだけですね。退院前日に食事指導をするように手配しましょう。退院後も腸閉塞にならないように、繊維質が多く含まれる食材を控える食生活を3ヶ月ほど続ける必要があります。その食事指導が終わったら直ぐに帰って良い」と言われる。そして、担当医の一人が、拙宅近所の総合病院の跡取りであることが判明。「老後は任せて下さい」と告げられる(笑)。

Chapter5

4月9日、腹部のガーゼを女医さんが耐水仕様に交換。15日振りのシャワーを浴びる。人心地を実感。フードコーディネーターから退院に向けて食事指導。一応うるさく言われたけれど、肝心なのは良く噛んで食べる事と理解。抗がん剤治療の詳細レクチャーを受ける。

4月10日、退院。

平成31年(2019)3月28日、癌の転移が見当たらないので、定期検診(年2回)は今日で終了と伝えられる。ただし、同院眼科での検診(白内障と緑内障)は続く。病院との縁は、一生切れそうもない。

この記事を書いた人