アメックス・プラチナカード

  • ブックマーク

初めての海外旅行は、デザインや家具、建築の勉強のためにフランス、デンマーク、フィンランド、スウェーデンなどを巡った1976年。日本で1980年にサービスを開始したアメリカン・エクスプレスを使い始めたのが1986年で、1990年にゴールドカードを取得しました。当時のアメックスのステータスは凄まじく、空港・ホテル・レストランでの対応は言うまでもなく、トラベル・オフィスには、トラブル解決のため何度も助けられました。

左上から時計周りにデンマーク(1976)、中国(1994)、韓国(1986)、カンボジア(2005)

同社のプラチナカードは、毎年200万円以上利用していて遅延・滞納の履歴なしが最低の条件だと聞いていましたが、何故かその半分程度の実績で招待された勢いで2005年8月に取得。セールスポイントは、24時間態勢で専任スタッフが会員の要望に応えてくれるところですが、「香港までジェットをチャーターしたいので回航して欲しい」なんて、年末ジャンボが連番で当たっても言える台詞ではないし、保険もいろいろと自動的に付帯されているものの、自分はゴルフやテニスはしないし、スキーも縁遠い。身近なヨットやボートは、保障対象外でした。

所有していたクルーザーとヨット@宇野港の県営第7桟橋(2006)

それでも、旅行傷害保険と情報サービスは、流石に充実していて、アメックスのカードで購入したチケットは、飛行機や船舶、鉄道、ホテル、劇場などを利用している時の事故での死亡、傷害に対して最高1億円の保障。海外では、カードを使用しなくても最高5,000万円。その他、賠償責任保険や、携行品損害保険、遭難救援費用などが自動付帯。更に、ショッピング・プロテクションが年間最高500万円。特に、海外での通訳サービスは役立ちそうに思えましたが、年会費がカードを取り出す時の優越感の代償としての対価として適切なのかと疑問を感じるようになりました(笑)。

アメリカ(1986〜2005)
カリブ海でのバカンス(2005)

画像・左下の Departures は、アメックスのプラチナ&センチュリオン会員に離月刊で届けられる雑誌で、読後に友人の美容院に贈呈していたのですが、お客さんから「この雑誌は面白いよね。どこで売っているの?」って聞かれたそうです。確かに紙面を美しく飾っているアイテムは、身の丈に合う合わないは別として上昇志向を刺激してくれて心地良かった。

そうした事情で暫くは惰性でプラチナカードを保持して来ましたが流石に近年、年金暮らしの身では年会費も負担となり、海外旅行も縁遠くなったので2017年4月に解約。その後は、日々の暮らしに必要な費用(電気、水道、通信費、通販など)の決済にクレジット付きの Tカードを使用。年会費が無料で携帯キャリア・ソフトバンクとの連携でポイントも効率良く貯められ、今のところ万事めでたしでございます 🤣

ロイヤルスイートルーム

旅立ちの前日にスタッフから休暇願いがあり急遽中止に。キャンセル料は、旅館が20%で10,800円。電車が30%で3,860円。合計14,660円(涙)・・・旅には、アクシデントが付き物ですが、「本日は、いつもご利用していただいているお部屋に5,000円の追加で、ロイヤルスイートルームをご用意出来ますが、如何でしょうか?」なんていう嬉しいサプライズが時々あります(笑)。普段、朝食付きで 243,000円の客室。この機会を逃すと多分一生拝めないかも・・・即決でした 🤣

因みに、このホテルを定宿にしようと決めた素敵な思い出があります。突然の降雨に見舞われ、タクシーからロビーにダッシュで駆け込んだ瞬間、ドアマンからバスタオルを手渡されたことがあります。そしてフロントでは、「お久しぶりです。今日は、大きめのお部屋をご用意させていただいております。ごゆっくりお寛ぎ下さい」と笑顔で迎えられたのでした。グッショリと濡れた頭と顔を拭きながら、スタッフのアテンドに不覚にも感涙してしまった。サービスを超える瞬間!

ハイアット・リージェンシー東京

自分が年間90日ほど海外旅行していた1980年代の東京での定宿は、宿泊者の90%以上が外国人でロビーやレストランに異国情緒が漂っていたハイアット系のホテルでした。出国と帰国の際に東京見物を兼ねて利用していたのですが、時々、客室でスタッフに外国人に間違われて暫く英語での会話を強いられ・・・暫くしてから「あのぅ、僕は、日本人なのですけど」と告白したら、「えぇっ! うそぉ~」って、真顔でゲストに言うかぁ(笑)。

ところで、為替レートって、摩訶不思議な世界ですね。表示方法も日本では、米ドル(USD)=90.29円(JPY)、英国ポンド(GBP)=132.80円、ユーロ(EUR)=120.04円という自国通貨建て。円の数字が小さくなる円高が「−」印で、円の数字が大きくなる円安が「+」印(参考:日経ネット)。因みに、基軸通貨と言われている米国も日本同様、自国通貨建て(対ユーロ)で、英国やユーロ圏の国々は、外国通貨建で表示しているようです。どういう思惑があるのだろう?

この記事を書いた人