TALA さん

  • ブックマーク

都住創(都市住宅を自分たちの手で創る会)のコーポラティブ住宅にお住まいの美術家・TALA さん。先日、お邪魔させていただく機会があったのですが、スペースのあちらこちらに作品作りに欠かせない「ガラクタ」が所狭しと積み上げられていました 🤣

岡山市のカフェギャラリー・Cafe × ATELIER Z で購入した TALA さんの作品・「ノーチラス号」(2012)。

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

個 展:TALA’S  ART WORKS 2023 IN OKAYAMA(終了)
    エール
会 期:2023年4月19日(水)〜4月30日(日)
    11:00〜19:00(最終日は18:00まで)
会 場:Cafe × ATELIER Z
    岡山市南区浜野2-1-35
    086-263-8988

TALA(たら)さんの在廊は、4月19日(水)、23日(日)、29日(土・祝)、30日(日)の予定です。

個展など

2017 個展・TALA’S POP ART(ギャラリー島田
2016 個展・TALA’S ART WORKS(Cafe × ATELIER Z
2014 個展・TALA’S ART WORKS(ギャラリー島田
2012 個展・TALA’S POP ART(ギャラリー島田
     個展・TALA’S ART WORKS(Cafe × ATELIER Z
2009 個展・ひとりで全部やりました(サントリーミュージアム天保山)

炭ハバキ(2018)

「ノーチラス号」は現在、JR宇野駅近くの焼鳥店・炭 ハバキの壁面を飾っています。先日、食べ始めと終わりで食感と味の変化に気づき、「ねぎま一本にも物語がありますね」と大将に伝えたら「全ての串に物語がありますよ」と返されちゃいました。いつも良い感じで酔えます・・・それから1年、欧州事業の統括会社であるベルギーのトヨタで働いている外国人とカウンターで隣り合わせになった際、「大将は、どんな車に乗っていますか?」と問いに、大将が「ポルシェ」と答えて、「お金持ちですね〜」とのやり取りを見聞(笑)。この時もお通しから提供された全ての串が更なる進化を遂げていました。感服! 😊

左:シースクワート号・一人乗り(2013) 右:魔女(2021)

こちらは、2013年の MIU ART BOX を飾ってくれた「シースクワート号・一人乗り」と、2021年の個展@Cafe × ATELIER Z で購入した「魔女」。現在は、拙宅リビングを彩ってくれています 🤣

トラットリア・パッパ(2014)

こちらは、TALA さんがアート・コーディネートをされている大阪西区のイタリア料理店・トラットリア・パッパ。何回か訪ねていますが、その都度オーナーシェフの松本さんの笑顔とTALA さんの作品、そして新鮮な魚介類、野菜からパワーを注入して貰っています 🤣

太陽の塔(2018)

突然ですが、大阪といえば千里万博公園にある国立民族学博物館も見逃せないですよね。そして、その道すがらに出迎えてくれるのは、日本万国博覧会のテーマ館に設置された岡本太郎(1911〜1996)の太陽の塔。2018年、内部が再生され蘇りました。

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

特別展:みんぱく創設50周年記念
    日本の仮面 – 芸能と祭りの世界
会 期:2024年3月28日(木)~6月11日(火)
    10:00~17:00(入館は16:00まで)
観覧料:880円(一般)
会 場:国立民族学博物館
    大阪府吹田市千里万博公園10-1
    06-6876-2151

国内各地では、仮面をつけた役が登場する芸能や祭りがおこなわれてきました。本展示では、仮面の役の登場が印象的な各地の芸能や祭りの様相を中心に、あわせて仮面の歴史、仮面と人間の関係などを紹介し、それらを通じて仮面と人びとの多様な関わりについて考えます。

大阪中之島美術館(2022)

そして、2022年2月には、長年待望していた大阪中之島美術館が開館。ワクワクドキドキ!

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

特別展:生誕270年 長沢芦雪
    奇想の旅、天才絵師の全貌
会 期:2023年10月7日(土)〜12月3日(日)
    10:00〜17:00
観覧料:1,800円(一般)
会 場:大阪中之島美術館
    大阪市北区中之島4-3-1
    06-6479-0550

伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう)、曽我蕭白(そが・しょうはく)と共に「奇想の画家」のひとりとして近年国内外から注目を集める長沢芦雪(ながさわ・ろせつ 17541799)の画業を紹介する、大阪で初となる回顧展です。

芦雪は江戸時代中期に京都で活躍した画家で、写生画の祖、円山応挙の高弟です。卓越した描写力に加えて、奇抜な着想と大胆な構図、また人を驚かせ楽しませようというサービス精神や面白みで、独自の世界を展開し人気を博しました。

絵を描くことが好きで、常に新しい表現や技法を追求し、精力的に活動した芦雪。多くの傑作は200年以上経った今も、観る人を魅了してやみません。本展では、代表作の《龍・虎図襖》(重要文化財)、初公開作品も含め、初期から晩年までの選りすぐりの優品を一堂に展覧し、奇想の天才絵師、長沢芦雪の魅力に迫ります。

この記事を書いた人