TALA さん

  • ブックマーク

アイキャッチ画像は、岡山市のカフェギャラリー・Cafe × ATELIER Z で購入した美術家・TALA さんの作品・「ノーチラス号」。

TALA さんの個展@Cafe × ATELIER Z(2012)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

個 展:TALA’S  ART WORKS 2021(終了)
    ESPOIR
会 期:2021年6月16日(水)〜6月27日(日)
    11:00〜19:00(最終日は18:00まで)
会 場:Cafe × ATELIER Z
    岡山市南区浜野2-1-35
    086-263-8988

TALA(たら)さん、何と5年ぶり。そんなにブランクがありましたか〜、Cafe × ATELIER Z で通算4回目の展示です。タイトルの「ESPOIR」は、フランス語で「希望」。作家在廊予定は、6月26日(土)、27日(日)。カフェは、6月20日(日)までテイクアウト販売だけです。6月23日(水)以降は、通常のイートイン営業します。緊急事態宣言下のためご了承ください。

個展など

2017 個展・TALA’S POP ART(ギャラリー島田
2016 個展・TALA’S ART WORKS(Cafe × ATELIER Z
2014 個展・TALA’S ART WORKS(ギャラリー島田
2012 個展・TALA’S POP ART(ギャラリー島田
     個展・TALA’S ART WORKS(Cafe × ATELIER Z
2009 個展・ひとりで全部やりました(サントリーミュージアム天保山)

炭ハバキ(2018)

「ノーチラス号」は現在、JR宇野駅近くの焼鳥店・炭 ハバキの壁面を飾っています・・・先日、食べ始めと終わりで食感と味の変化に気づき、「ねぎま一本にも物語がありますね」と大将に伝えたら「全ての串に物語がありますよ」と返されちゃいました。いつも良い感じで酔えます 😊

左:シースクワート号・一人乗り(2013) 右:魔女(2021)

こちらは、2013年の MIU ART BOX を飾ってくれた「シースクワート号・一人乗り」と、2021年の個展@Cafe × ATELIER Z で購入した「魔女」で、拙宅のリビングを彩ってくれています 🤣

トラットリア・パッパ(2014)

こちらは、TALA さんがアート・コーディネートをしている大阪西区にあるイタリア料理店・トラットリア・パッパ。新鮮な魚介類と野菜が体に染みます 🤣

太陽の塔(2018)

大阪といえば千里丘陵の国立民族学博物館も見逃せないですよね。その道すがらに出迎えてくれるのは、日本万国博覧会のテーマ館に設置された岡本太郎(1911〜1996)の太陽の塔。2018年、内部が再生され蘇りました。そして、2022年2月には、長年待望していた大阪中之島美術館が開館。ワクワクドキドキ!

大阪中之島美術館(2022)

回顧展:岡本太郎
会 期:2022年7月23日(土)〜10月2月(日)
    10:00〜17:00
観覧料:1,800円(一般)
会 場:大阪中之島美術館
    大阪市北区中之島4-3-1
    06-6479-0550(代表)

1970年に開催された日本万国博覧会大阪万博)のテーマ館《太陽の塔》で知られ、今日でも幅広い世代の人々を魅了する芸術家・岡本太郎(1911〜1996)。この度、その芸術人生を振り返る、大回顧展を開催します。

1929年に渡仏した岡本太郎は、抽象表現に影響を受けながら画家としてのアイデンティティを確立していきます。帰国後、自らの芸術理念の核となる「対極主義」を提唱し、制作のみならず『今日の芸術』、『日本の伝統』などの著作において文化・芸術論を展開しました。《太陽の塔》を頂点とするパブリックな空間に展開される巨大な彫刻や壁画など、生活の中で生きる作品群は、「芸術は大衆のものである」という岡本太郎の信念そのものを象徴し、それ故に没後もなお、多くの人々を惹き付けています。

表現活動が多岐にわたることから「何が本職なのか?」と問われることも多かった太郎の答えは「人間―全存在として猛烈に生きる人間」でした。未知なるものへの不安・怖れに常に果敢に孤独に切り込んでいった彼の表現活動は、小さな枠にとらわれることなく世界に対して「己全体を賭ける」ことであり、人間としての根源的な営みの豊かさを人々に喚起する試みであったといえるでしょう。太郎の思想・生き様が込められた作品を体感することは、不安定な状況が続く現在の社会を力強く生き抜いていくためのヒントを見つける機会となるかもしれません。 代表作はもちろん、これまであまり注目されてこなかった晩年の作品なども紹介しながらその生涯をたどる本展にて、《太陽の塔》だけではない、岡本太郎の全貌をお楽しみください。

この記事を書いた人