エンリー・べグリンのバッグ

  • ブックマーク

アイキャッチ画像は、岡山市のセレクトショップ・デュエコレクションで購入したエンリー・べグリンのバッグ。1984年、イタリアのエルバ島で創業。「オミノ」と呼ばれる小人の刺繍がブランド・マーク。パートナーから、「他の男には、渡したくない!」と涙目で訴えられ、畳み掛けるように「光栄に思いなさい!」という台詞を浴びせられた(笑)。まぁ、愛用しているトリッペンや、コムデギャルソン文二郎帽子などと合わせやすいでしょう。グッズも一期一会ですね。

こちらは、自宅のエントランスに整列させたトリッペンGolfHaferlZen など。改めて、購入した頃のエネルギッシュだった頃を思い出します(笑)。靴職人のマイスター・ミヒャエル・エーラーと、靴や服のデザイナーとして活躍していたアンジェラ・シュピーツの2人によって1992年にベルリンの小さなギャラリーで誕生。「生産者は、地球の環境、消費者、そして労働者に対して責任を持つべきだ」というメッセージがトータルに伝わってくる。カジュアルにも、スーツにも合わせられるエレガントさがお気に入り。

ところで、ヨレヨレになったシャツ、ブリーフ、ソックスなどの下着は、すぐに捨てずに大切に保管しておきましょう! 何故かというと、旅行中の荷物を日々軽くする使い捨てアイテムとして、とても重宝するのです。勿論、非常持ち出し品にも最適です。年間に90日ほど海外旅行をしていた頃にスチュワーデス(古い・笑)から教わった裏技。その時、思わず彼女の目の奥を覗き込んだのですが、きっと杞憂だったでしょうね 😅

この記事を書いた人