エンリー・べグリンのバッグ

  • ブックマーク

アイキャッチ画像は、岡山市のセレクトショップ・デュエコレクションで購入したエンリー・べグリンのバッグ。「これは他の男には、渡したくないの」と涙目で訴えられ、畳み掛けるように「(貴方のことを一番に考えていることを)光栄に思いなさい!」という台詞を、当時のパートナーから浴びせられたのも懐かしい(笑)。まぁ、トリッペンコムデギャルソン文二郎帽子などともコーディネートしやすくて愛用しています。グッズとの出会いも一期一会ですね。

1984年、イタリアのエルバ島で創業したエンリー・べグリン。「オミノ」と呼ばれる蝋引きされた麻糸を使って縫い上げている小人の刺繍がアイコン。生きる力を与えてくれるものが、本物という言い方ができるとしたら、そうした本物を見つけ出していくことが健康的な日々に繋がるように思うのです。

女性A:あの日、貴方が帰られた後でね

もやい:あの素敵な男性は、誰かって聞かれたんだね?

女性B:どなたの話ですか?(笑)

女性A:女性スタッフが貴方のパートナーさんのことを聞くのよ

もやい:どうして、なんだって?

女性A:ほら、男性の価値って、お連れの女性で測れるって言うじゃない

女性B:本当に、すごく素敵な方でお幸せですね

もやい:足の指は、手の指ほど饒舌でないのも得心していますよ(笑)。

こちらは、1992年に靴職人のミヒャエル・エーラーと、靴や服のデザイナーとして活躍していたアンジェラ・シュピーツが、ドイツのベルリンで創業したトリッペンGolfHaferlZen など。自宅のエントランスに整列させてみました。カジュアルにもフォーマルにも合わせられるエレガントなデザインがお気に入りです。購入した頃のエネルギッシュな時代が懐かしい(笑)。

t-project

「生産者は、地球の環境、消費者、そして労働者に対して責任を持つべきだ」というメッセージがトータルで伝わってきます。

余談ですが、穴が空いたりヨレヨレになったシャツ、ブリーフ、ソックスなどの下着類は、旅行中の荷物を日々軽くする使い捨てアイテムとして重宝します。勿論、非常持ち出し用のグッズとしても最適。これは、年間90日ほど海外旅行をしていた頃に出会ったスチュワーデス(死語・笑)から教わった裏技。その時、彼女の勝負服に目をやったのですが、流石に杞憂でした 😅

この記事を書いた人