エンリー・べグリンのバッグ

  • ブックマーク

岡山市表町商店街のセレクトショップ・デュエコレクションで購入したエンリー・べグリンのバッグ。パートナーから、「他の男には、渡したくない」と、涙目で訴えられ、畳み掛けるように「光栄に思いなさい!」という台詞を浴びせられた(笑)。まぁ、文二郎帽子店の帽子や、トリッペンの靴、コムデギャルソンの服などと合わせやすいでしょう。グッズも一期一会。

ところで、ヨレヨレになったシャツ、ブリーフ、ソックスなどの下着は、すぐに捨てずに大切に保管しておきましょう! 何故かというと、旅行中の荷物を日々軽くする使い捨てアイテムとして、とても重宝するのです。勿論、非常持ち出し品にも最適です。年間に90日ほど海外旅行をしていた頃にスチュワーデス(古い・笑)から教わった裏技。その時、思わず彼女の目の奥を覗き込んだのですが、きっと杞憂だったでしょうね 😅

この記事を書いた人