猫のはなし

  • ブックマーク

動物の中で一番の器量良しは、猫族でしょうね。猫、豹、虎、獅子、みんな美しい。美しいが、どれが一番いいかと言えば、猫ですね。第一、眼が良い。それから鼻の格好が素敵だ。獅子や虎や豹は、鼻筋が顔面に比べて少し長過ぎます。だから、間が伸びていてキリッとしたところがない。そこへ行くと、猫の鼻は理想的です。長からず短からず、ほどよき調和を保って、眼と眼の間から、口元へスーッと伸びる線の美しさは何とも言えない(谷崎潤一郎)。

自宅屋上で昼寝する愛猫・ミュウ(2014)

2002年の春、自宅の玄関付近から猫の鳴き声がするので様子を見に行くと、ドアのガラス越しに3匹の猫が整列していました。何事かと思って扉を開けた瞬間、その内の1匹が躊躇なく入り込んで来たのです。呆気に取られたものの、東京で友人とシェアしていた一軒家で猫を飼っていた経験もあったので、そのまま世話をすることに(笑)。数日後、近所の元飼い主が引っ越した時に置き去りにした猫だと知りました。

猫の視力は、0.1〜0.3程度だとされていますが、彼女は20メートルほど離れた距離でも帰宅する僕の姿を見定めて2階の窓から1階の玄関まで猛ダッシュで迎えに出てくれました。薄明かりの中でも確信を得たような行動をするので、歩く姿勢やテンポで他人と見分けていたのだと思います。2004年、宇野港フェリーターミナルに設置したミニ・ギャラリーに彼女の名を冠するなど、何かと心を寄せていましたが、2018年3月25日に永眠(推定年齢18歳)。

パートナーの愛猫・ミィ(2008)

こちらは、パートナーの愛猫・ミィ。時々預かって世話をするのですが、神経質な奴でキャリーから出ると一昼夜、食事も排泄もせず雲隠れします(笑)。2022年6月現在、存命中 😅

シルバー・ディスカバリー(2018)

こちらは、宇野港大型客船バースに入港していた旅客船・シルバー・ディスカバリーが使っていたラットガード(ネズミが係留ロープを伝って船に乗るのを防ぐ器具)。最初、乗組員がペイントしたのかと思いましたが、どうやら既製品のようですね。こうした遊び心は、大好きです 🤣

招き猫美術館

岡山市北区金山寺にある招き猫美術館も古刹・金山寺と併せて参拝していただきたい。きっと、ご利益がありますよ(笑)。

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

個 展:椋野茂美・作品展
    初夏の便り
会 期:2022年6月2日(木)〜6月30日(木)
    10:00〜17:00
入館料:600円(一般)
会 場:招き猫美術館
    岡山市北区金山寺865-1
    086-228-3301

恵みの雨が心を清らかに潤してくれる6月。今年も、椋野茂美・作品展を開催いたします。開運へと繋がる花の作品がコロナ禍を生きるすべての方へ、幸せを届けます。ぜひ、ご高覧くださいませ。

若き頃(1966)と晩年の中村一郎先生

こちらは、日展審査員も務めた中村一郎先生(1918〜1993)。美大の受験を目指していた頃、アトリエに通って絵の指導を受けていました。東京の銀座で開催される個展を訪ねた際には、昼食を何度かご一緒させて貰いました。左の画像は、玉野市内の借家物件を片付けていた時に見つけた48歳の先生。アーティストには、猫好きが多いようですね 😅

この記事を書いた人