ウインクチェア

  • ブックマーク

アイキャッチ画像(1990)は、1980年に喜多俊之さんがイタリアの高級家具ブランド・カッシーナから発表したウインクチェアニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションにも選定され、名作との誉れ高いようですが、この第一世代に限っては、同社の製造とは思えない粗悪品でした。背もたれの角度を変化させるノブの操作感は重たく、床面と接触するクッション・ゴムの耐久性も低く、ポリウレタンフォームのクッション材もヘタリ易かった。購入から約10年後、構造材の番線が座面を突き破り、一度張り替えたカバー材も擦り切れ廃棄処分にしました(涙)。

アントニオ・チッテリオさん喜多俊之さんの対談@イタリア文化会館(2023)

こちらは、着せ替え用のヘッドレスト・カバーなどの「遺品」。現行製品が機能的に問題が無いなら再購入も考慮しても良いのかなと考えている昨今(笑)。

こちらは、自宅を建てた1982年に友人からプレゼントされたスーパーレジェーラ(d:ジオ・ポンティ )と Y チェア(d:ハンス J. ウェグナー)。どちらも2004年に座面を全面張り替えましたが、前者は倉敷の工房に依頼して18,900円。後者は、イタリア本社への輸送費も含めて107,730円でした 😅

余談ですが、カッシーナ・イクスシーの前身・インターデコールが東京に創業した1975年頃、月刊誌・JAPAN INTERIOR DESIGN の特集・マッキントッシュに掲載する広告デザインを手掛けさせていただいた縁もあり、当時の社長・武藤重遠さんともご縁をいただいたのですが、2008年3月にサンライフ・ハナオカの花岡皓之さんから彼の訃報を告げられました。とてもお洒落な憧れの人だった方なので無念です(涙)。

篠山ギャラリー KITA’S(2018)

喜多俊之さんが監修されていたギャラリー・アニマ(設計:安藤忠雄)は、2010年の春にこちらの兵庫県篠山市の篠山ギャラリー KITA’S として移転。

篠山ギャラリー KITA’S に併設のカフェ・徐庵(左)と喜多俊之さんがプロデュースした宿泊施設・障子庵(右)

展覧会:喜多俊之・作品展(終了)
    TOSHIYUKI KITA SAKURA collection
会 期:2024年5月15日(水)〜5月31日(金)
    11:00〜18:30
会 場:桜製作所 銀座店
    東京都中央区銀座3-10-7 ヒューリック銀座3丁目ビル 1F
    03-3547-8118

喜多俊之デザインによる椅子、テーブル、ソファの新作を桜製作所から発表します。木の特性を生かした構造から成るデザインを、高い木工技術を持つ桜製作所の匠による手仕事で作り上げました。椅子やテーブル、新たなラインナップとしてユニットソファなど、サステナブルな時代に求められるオリジナル性の高いコンセプトの家具シリーズの登場です。

おまけ:人間と芸術・喜多俊之

この記事を書いた人