断捨離

  • ブックマーク

このブログは、2005年から書き溜めていたもので、2017年に弊社ホームページを新設した際に全て見直しました。この「断捨離」の元タイトルは「生前贈与」で、偶然にも煩悩の数と同じ108個目でした(笑)。煩悩には、大きく分けて3つあるそうです。必要以上に欲しがる貪欲。執着して思い通りにならない対象を憎む瞋恚(しんい)。無知で愚かな考え方にとらわれる愚痴。それ故に日々、ああでもない、こうでもないと、大気の流れのような「上書き」を続けているのでしょうか。
 
自分が「断捨離」を始めたのは、身の回りが雑然となっている事に気づいた2011年頃です。最初は、自分の暮らしに音楽が欠かせないアイテムだと思っていた LPレコード約900枚とオーディオ機器を造形作家の野村直城さんに譲った事から始まりました。売却して利益を得ようとしなかったのが良かったのか、その事に何ほどの渇望感も生じませんでした。振り返れば、音楽関係の雑誌などを購読していると次々と新しい音源や高級なオーディオ機器が欲しくなったものです。多分、その頃の自分は貪欲という煩悩に支配されていたように思います。

LPレコードやオーディオ機器があった頃のリビング(2010)

予算の都合で最高のオーディオ機器を揃える事が出来なかったけれども、学生時代からジャズ・ミュージックをメインに30年ほど音楽を楽しみ、時に人生の救いとなったアーティストとの出会いもあったけれど、最近は、ライブハウスに足を運ぶ気も起こりません(爆)。

物の釣り合いを保って己の地歩を失わず他人に譲る事が浮世芝居の成功の秘訣である。我々は、己の役を立派に勤めるためには、その芝居全体を知っていなければならぬ。個人を考えるために全体を考えることを忘れてはならない。この事を老子は、「虚」という得意の隠喩で説明している。物の真に肝要なところは、ただ「虚」にのみ存すると彼は主張した。例えば室の本質は、屋根と壁に囲まれた空虚なところに見いだす事が出来るのであって屋根や壁そのものにはない。水差しの役に立つところは水を注ぎ込むことの出来る空所にあって、その形状や製品の如何には存しない。「虚」は全てのものを含有するから万能である。「虚」においてのみ運動が可能になる。己を「虚」にして他を自由に入らすことのできる人は、全ての立場を自由に行動することが出来るようになるであろう。全体は常に部分を支配することが出来るのである。

茶の本(岡倉覚三
BRUTUS(創刊号〜100号)

こちらの雑誌・BRUTUS (創刊号〜200号)は、同誌編集長の西田善太さんに引き取って貰いました。

右上の月刊誌・JAPAN INTERIOR DESIGN(1985年に廃刊)は、造形作家の佐藤史仁さんに。その他、雑誌や文庫本なども親しい作家さんに無償で譲渡。画像は無いのですが、建築雑誌の新建築、SD、都市住宅など約300冊は、従兄弟の建築家に譲渡しました 😅

次に処分したのが、長年愛用してきた北欧の椅子などの家具類、国内外の食器やカトラリーなどでした。これらも来客が少なくなったのでパートナーの知人に譲渡しました。自分が求めている暮らしは、ミニマリスト的なものではなく、災害時にも対応出来る必要十分な装備と備蓄のあるスタイル。「断捨離」とは、健全な思考による身の回りの見極めでしょう。是非に及ばず 🤣

この記事を書いた人