植田正治写真美術館

  • ブックマーク

1996年1月、雪が降りしきる中(現在は、冬季休館です)、中国地方の最高峰・大山の麓に鎮守さなが佇む植田正治写真美術館(建築設計:高松伸)を訪れました。第一印象は、個人美術館にこれほどの広大な空間を与えるのは贅沢すぎと思ったのですが、館内には清潔な天衣無縫がいっぱい詰まっていて得心。外界とシンクロする空間構成は見事で、3階の石庭に至るドアを開けた瞬間に目に飛び込んでくる風景は、きっと記憶に残るでしょう。それにしても、このような美術館が日の目を見るまでには、さまざまな紆余曲折があったことでしょう。この仕事に関わられた関係者に敬意と感謝を捧げたい。2000年7月4日、植田正治さんは故人となりましたが、優秀な学芸員に支えられる素敵な美術館であり続けてくれるでしょう。

館内から大山を望む(1996)

館内の「逆さ大山」を映し出す映像展示室に使われているレンズは、ベス単と同じ機構のレンズを発売していた事のある株式会社 清原光学が製作したそうです。「ベス単写真帖・白い風」(1981)を発表した頃に植田さんと一緒に山陰を歩かれた方に教えていただきました。

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:私風景
    植田正治のまなざし
会 期:2024年3月1日(金)~6月9日(日)
    9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
    火曜日は休館(祝日の場合は、翌日)
入館料:1,000円(一般)
会 場:植田正治写真美術館
    鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3
    0859-39-8000

今回の展覧会タイトル「私風景」は、〈風景の光景〉と呼ばれるシリーズ(1979〜1983)の一部を植田がカメラ雑誌に発表した際に使用した言葉です。その誌上で植田は次のように記しています。「写真には、テーマが大切といわれる。私にとっては、”日常” そのものがテーマだからことさら気負わなくても、これでいいのだと思っている」。

植田が風景を撮影する際に、なにも風光明媚な場所にこだわったわけでも、ドラマティックな瞬間をねらったわけでもないことがよくわかります。何気ない瞬間、”日常” を個性的な「まなざし」で淡々と捉えたのが植田の「風景写真」なのでしょう。そして、このことは、1970年代から1980年代にかけての植田の作品に限ったことではなく、戦前からの作品に共通して見られる植田の普遍的な特徴です。ただ、1960年代に撮影された〈松江〉のシリーズは、植田の風景の中でも少し異質に感じられるかもしれません。出版の企画が先行していたこともあるかもしれませんが、「古きよきもの」を記録する、描き出すといった意識が強い作品群のためでしょう。しかしながら、その中にも植田のユニークな視点、構図がところどころに感じられ意欲的なシリーズとなっています。

今回の展覧会では、今まであまり展示される機会の少なかった1970年代のカラーの風景写真をはじめシリーズ〈風景の光景〉、戦前から1970年代までの多彩な風景作品、そして、シリーズ〈松江〉を紹介します。植田正治の風景写真の魅力をあらためて感じとっていただけることでしょう。

出雲大社・拝殿

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を

出雲地方は、神話の国としての親しみがあります。大国主神から国を譲られた(奪った)天照大神が、お礼に(祟りを畏れて)、稲佐の浜に天日隅宮(あめのひすみのみや)を建て、第二子である天穂日命(あめのほひのかみ)に仕えさせた(幽閉させた)処とされる出雲大社。そして、その傍らに因幡の白兎、八岐大蛇という出雲の壮大な世界を古代・近代史として読み解く重要な鍵となりそうな宇豆柱(1248年に造営された古代出雲大社の本殿を支えていた棟持柱)、358本の銅剣(荒神谷遺跡・国宝)、39個の銅鐸(加茂岩倉遺跡・重文)などが収蔵展示されている島根県立古代出雲歴史博物館があります。

古代出雲大社高層神殿(ストリートミュージアム)  古代・出雲大社本殿の復元(大林組)

宇豆柱と復元された古代出雲大社

この度、60年振りの遷宮にあたり、工事中の屋根に上り、完成した垣の内に入れてもらい、あたりの杉の古木を眺め、学者としては仮説というべきだろうが、今の私の気持ちとしては一つの確信を持った。あたりの杉の高さはおよそ30メートルで、これが日本の杉の高さの平均的上限になる。とすると、杉よりも高く、杉の樹冠の上に社殿を置こうとしたのではないか。

樹冠の上から眺める光景を想像していただきたい。出雲平野を埋める森はあたかも樹の海となり、樹冠は波のようにどこまでも広がり、樹々の波の東から日輪が現れ、そして西の海に沈む。出雲の名のとおり雲が湧き雨も多いから、樹冠の海の上に太陽の吐息のようにして虹も現れるだろう。今も神官が日に2度、御饌(食事)を運ぶそうだが、その昔、階を上り、樹冠の上まで至り、広縁に立って眺めれば、”この光景の主は太陽である” と思ったに違いない。

藤森照信(日本木造遺産)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:誕生、隠岐国
会 期:2024年3月22日(金)~5月19日(日)
    9:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
入館料:700円(一般)
会 場:島根県立古代出雲歴史博物館
    島根県出雲市大社町杵築東99-4
    0853-53-8600

この展覧会では、隠岐諸島に地域のまとまりが形成されていく6世紀から、対外関係で重視されるようになった9世紀にかけての、隠岐の古代史をテーマとします。日本が中央集権の国づくりに進む中で、「中央」である都には大勢の貴族、役人が住むようになり、各地方から都へ食料品が送り出されました。律令時代の「隠岐国」は、膨大な海産物を送り出して都の人々の「食」を支えました。一方で、国の境界に位置するため、外国に対する前線基地としても重視されるようになりました。このように日本の国家形成と深くつながっていた、古代隠岐の歩みをたどります。

この記事を書いた人