岡山市立オリエント美術館

  • ブックマーク

岡山市立オリエント美術館は、美術史家・江上波夫(初代館長)が日本のオリエント史学や美術史研究に必要と思われるものをピックアップし、岡山の実業家・安原真二郎(1911~1980)がそれを受けて現地の美術商相手に精力的な取引を続けて入手したコレクション(1,947点)を基礎に1979年に開館。建築設計は、岡田新一設計事務所。トップライトからの光が小叩き仕上げの壁に柔らかな表情を与える2階光庭の意匠は今も魅力を失っていない。

学術的にも系統立てられており、国内外で高い評価を得ていて、有翼鷲頭精霊浮彫(レリーフ)は、紀元前9世紀のニムルド遺跡(アッシリア:現イラク共和国)から発掘(北西宮殿 I 室)されたもので素晴らしい。2003年、中近東文化センターから購入したと聞きました。その後も、2005年に実業家・岡崎林平のコレクション636点、2021年にも元・岡山市長の岡崎平夫氏や画家・奧田 仁氏ら当館の設立から初期に関係の深い方々の旧蔵品・約150点が寄贈されるなど収蔵品は増え続けており、2022年3月現在、エジプト、ギリシャ、ガンダーラ、ペルシャやイラン高原などから出土した土器、陶器、青銅器、石製品、モザイク、ガラス製品、金属器、繊維製品、紙製品など、あらゆる素材の考古美術資料を約5,000点を収蔵しています。

岡山市立オリエント美術館(2022)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:新収蔵品展
会 期:2022年4月22日(金)~7月3日(日)
    9:00〜17:00
入館料:310円(一般)
会 場:岡山市立オリエント美術館
    岡山市北区天神町9-31
    086-232-3636

岡山県立美術館

因みに、この「岡山カルチャーゾーン」と呼ばれているエリアには、こちらの岡山県立美術館もあります。建築設計は、岡山市立オリエント美術館と同様、岡田新一設計事務所

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

特別展:ドラえもん展
    OKAYAMA 2022
会 期:2022年4月2日(土)~5月22日(日)
    9:00〜17:00
観覧料:1,400円(一般)
会 場:岡山県立美術館
    岡山市北区天神町8-48
    086-225-4800

「あなたのドラえもんをつくってください」

国内外で活躍する28組のアーティストたちに、こんなお願いをしました。1970年の誕生以来、日本中に夢を届けてきたドラえもん。みなさんの心の中にも、思い出のドラえもんや、いつでもそばで優しく助けてくれるドラえもんの姿が、刻まれているのではないでしょうか。

変わりゆくこの時代の中で、アーティストたちに「あなたのドラえもん」を表現してもらったら、どんな世界が生まれるだろう。何を願い、未来へ何を伝えてくれるだろう。2002年の「THE ドラえもん展」から20年。この展覧会のために、様々な発想や技法によって生み出された新たな作品をお届けします。

2022年 OKAYAMA。ドラえもんが、またあなたのそばに。

こちらは、岡山市立オリエント美術館の2階にあるカフェ・イブリクの看板メニュー・アラビックコーヒー(画像左)。現在のオーナーは5代目で、今年で9年目と伺いました。また、旬を先取りした献立でいつも満足させてくれる懐石・昇一楼(画像右)は、両館から徒歩5分。親しい方との会食にお薦めです。昼、夜共に要予約。

この記事を書いた人