岡山市立オリエント美術館

  • ブックマーク

岡山市立オリエント美術館は、美術史家・江上波夫(初代館長)が日本のオリエント史学や美術史研究に必要と思われるものをピックアップし、岡山の実業家・安原真二郎(1911~1980)がそれを受けて現地の美術商相手に精力的な取引を続けて入手したコレクション(1,947点)を基礎に1979年に開館。建築設計は、岡田新一設計事務所。トップライトからの光が小叩き仕上げの壁に柔らかな表情を与える2階光庭の意匠は今も魅力を失っていない。

学術的にも系統立てられており、国内外で高い評価を得ていて、有翼鷲頭精霊浮彫(レリーフ)は、紀元前9世紀のニムルド遺跡(アッシリア:現イラク共和国)から発掘(北西宮殿 I 室)されたもので素晴らしい。2003年、中近東文化センターから購入したと聞きました。その後も、2005年に実業家・岡崎林平のコレクション636点、2021年にも元・岡山市長の岡崎平夫氏や画家・奧田 仁氏ら当館の設立から初期に関係の深い方々の旧蔵品・約150点が寄贈されるなど収蔵品は増え続けており、2022年3月現在、エジプト、ギリシャ、ガンダーラ、ペルシャやイラン高原などから出土した土器、陶器、青銅器、石製品、モザイク、ガラス製品、金属器、繊維製品、紙製品など、あらゆる素材の考古美術資料を約5,000点を収蔵しています。

岡山市立オリエント美術館(2022)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

特別展:ヒンドゥーの神々の物語
会 期:2022年7月16日(土)~9月11日(日)
    9:00〜17:00
入館料:1,000円(一般)
会 場:岡山市立オリエント美術館
    岡山市北区天神町9-31
    086-232-3636

ヒンドゥーの神々といえば、どのような姿を思い浮かべるでしょうか。たとえば、破壊と創造の神シヴァ、変幻自在な神ヴィシュヌ、美しい女神ラクシュミーなど、神話とともに伝えられてきたその姿と超絶パワーは、古代から人々の熱烈な信仰を集めてきました。果たしてこうした神々のイメージは、いつ・どのようにして広がったのでしょうか。

本展は、長年にわたりインド大衆宗教図像を蒐集してきた黒田豊コレションを核に、福岡アジア美術館、古代オリエント博物館、平山郁夫シルクロード美術館などのコレクションを加え、ヒンドゥーの神々のイメージの変遷を古代から現代までたどる展覧会です。

古くは先史インダスの出土品や女神像にはじまり、17世紀以降の優美なインド更紗やガラス絵、大衆文化を彩った民俗画、ヴァルマー・プリントと呼ばれる印刷物、現代イラストレーションなど、出品作品は立体・絵画・印刷物・写真など500点以上に及びます。また、こうした神々のイメージは、時代とともに表現される素材・技法・メディアが異なり、それを礼拝する人々の信仰のありようも変化してきました。

本展では、これらの貴重な作品・資料を通して、インド文化の基盤となり、篤く信仰されてきたヒンドゥーの神々とその豊穣なる世界像をさまざまな角度から紹介します。

岡山県立美術館

因みに、この「岡山カルチャーゾーン」と呼ばれているエリアには、こちらの岡山県立美術館もあります。建築設計は、岡山市立オリエント美術館と同様、岡田新一設計事務所

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:かこさとしの世界展
会 期:2022年7月23日(土)~8月28日(日)
    9:00〜17:00
観覧料:1,000円(一般)
会 場:岡山県立美術館
    岡山市北区天神町8-48
    086-225-4800

かこさとし(加古里子)は、1926年に福井県武生市(現在の越前市)で生まれ、東京大学を卒業したのち、研究所で勤務するかたわら、子どもたちに幻灯や紙芝居を見せるセツルメント活動に参加しました。1959年に初の絵本『だむのおじさんたち』を出版し、2018年に92歳で逝去するまで制作しつづけた絵本たちは、子どもたちに依り添った視点で描かれ、今なお愛されています。本展は、そんな彼の人気シリーズができるまでのプロセスを原画、オリジナルのスケッチ、複製写真とともに紹介します。

こちらは、岡山市立オリエント美術館の2階にあるカフェ・イブリクの看板メニュー・アラビックコーヒー(画像左)。現在のオーナーは5代目で、今年で9年目と伺いました。また、旬を先取りした献立と配膳のライブ感に魅了させられる懐石・昇一楼(画像右)は、親しい方との会食にお薦め。両館から徒歩5分。昼、夜共に要予約。

夜の懐石@昇一楼(2022)

この記事を書いた人