倉敷民藝館

  • ブックマーク

民藝運動に人生を捧げた柳宗悦(1889〜1961)の弟子で、初代館長を務めた外村吉之介(1898〜1993)は、多くの作家のインスピレーションを刺激した約1万5千点の蒐集品と、建物全体が工芸品と称えられる倉敷民藝館を残してくれました。

江戸時代の米倉を活用した2階の格子窓から臨む景色も見事で、1950年に来館した英国の詩人・エドマンド・ブランデン(1896〜1974)は、日本で見た最高の眺めと褒めています。また、1954年に来館した建築家・ヴァルター・グロピウス(1883〜1969)も「創造の規範となる仕事の宝庫」との賛辞を与えています。

それなのに、倉敷を訪れる観光客は、大原美術館は立派だけど、土瓶や茶碗や篭などが並んでいる倉敷民藝館は、入館料を払うに値しない処だと思っている人が多いようで、入り口を一瞥しただけで通り過ぎる・・・勿体ない。

外村吉之介の著書・少年民藝館の装丁や、旅館くらしきで提供される日本酒のラベルを柚木沙弥郎さん(1922〜)がデザインされているのを目にすると、倉敷に暮らす人々と民藝や工芸との深い繋がりを再認識させられます。そして、こうした施設を整えて下さった先人の方々と、間近で暮らせる環境を与えられていることに感謝なのです。

倉敷民藝館の外観と格子窓からの眺め

企画展:かごとガラス
会 期:2021年6月22日(火)~11月28日(日)
    9:00〜17:00
入館料:1,300円(一般)
会 場:倉敷民藝館
    倉敷市中央1-4-11
    086-422-1637

倉敷民藝館初代館長であり織物の指導者でもあった外村吉之介は、日本はもとよりアジア・アメリカ大陸・ヨーロッパなど世界各地を巡り、工芸品を収集しました。中でも竹や蔓、樹皮などを編んだり組んだりして作られる編組品の収集には特に力を入れていました。これらはその土地で手近にある、硬軟さまざまな種類の材料を使い、地域の暮らしに合う生活必需品として作られたものです。

この展覧会では、外村が日本中で一番美しい形と称した竹の御飯かご(福井県) や、そうめんの水切りかご(岐阜県) 、洗濯物かご(ポルトガル) など日常使いの道具をはじめ、漁で魚をいれるための魚籠(高知県) 、農業で使われる肥料かご(岡山県) 等をご紹介します。 1963年に創業した水島ガラス(現・倉敷ガラス)は、小谷眞三が外村らの指導のもと「健康で、無駄がなく、真面目で、威張らない」という外村らの教えのもと、民藝館へ幾度も足を運び、試行錯誤を重ねながら制作に励みました。その小谷の技法は、日本のスタジオ・グラスの先駆けともなりました。

本展では、新たに収蔵した倉敷ガラスを初公開するとともに、17世紀から現在までに生産されたイギリス、イタリア、スペイン、メキシコ、オーストリアなどの酒瓶やデカンタ、ピッチャー、グラス、石油ランプをご紹介します。 


常衛門食堂
ブリコール

物見遊山の際には、食事処の捕捉も欠かせない(笑)。自分は、居酒屋風和食店・常衛門食堂や、日本料理の名店・ブリコールがお気に入り。どちらも人気店なので、要予約ですよ! 🤣

この記事を書いた人