大原美術館

  • ブックマーク
大原美術館本館から旧・大原家住宅を臨む(1970年頃)

2006年7月、倉敷の観地区にある蕎麦屋・石泉で、大原美術館の館長・高階秀爾さん(1932〜)と偶然相席になったことを記念して今更ながらのエントリー(笑)。

倉敷紡績(現・クラボウ)、倉敷絹織(現・クラレ)、倉敷銀行(現・中国銀行)などを経営していた実業家で社会事業家だった大原孫三郎(1880〜1943)が、画家の児島虎次郎(1881〜1929)に世界各国の美術コレクションを蒐集させた大原美術館。ところが、その当時の大原孫三郎は、児島虎次郎への友情から西洋美術の蒐集を命じていたものの、実はその方面にはほとんど関心がなく、趣味の茶道を通じて出会った浜田庄司バーナード・リーチ河合寛次郎棟方志功芹沢けい介などの作品を愛し、工芸館や東洋館に展示する作品の蒐集に注力していたそうです。

日本と中華民国による武力紛争・満州事変の事実関係を調査する国際連盟が派遣した国際連盟日支紛争調査委員会(リットン調査団)のメンバーが1939年に倉敷を訪れ、当館のコレクションに仰天し京都や金沢と同様に第2次世界大戦の大空襲を免れたという逸話は有名。1991年の本館リニューアルにより展示空間も広くなり、17世紀以降の西洋絵画からエル・グレコ、ゴッホ、モネなどの印象派、そしてカンディンスキーやポロックなどの現代美術に至るまでのパイオニア的な作品を一連の流れの中で展覧できるようになりました。

工芸館(2016)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

展示会:百年愛された銀行建築を児島虎次郎館へ再生するプロジェクト
会 期:2021年10月1日(金)〜2022年11月30日(水)
    10:00〜16:00
入場料:無料
会 場:新児島館(仮称)
    倉敷市本町3
    086-422-0005(大原美術館)

大原美術館は、2016年に株式会社 中国銀行から、長年重要な拠点として営業されていた「倉敷本町出張所(旧第一合同銀行倉敷支店)」の建物をご寄贈いただき、「百年愛された銀行建築を児島虎次郎館に再生するプロジェクト」として進めてまいりました。そして、2021年10月1日、大原美術館・新児島館(仮称)として暫定開館いたしました。

COVID-19 パンデミックの影響により、グランドオープンの目途が立っておりませんが、薬師寺主計が設計した建物を少しでも早く公開し、多くのお客様にご覧いただきたいと思い、エントランスホールおよび吹き抜け空間を公開しております。

暫定開館中は、ヤノベケンジ《サン・シスター(リバース)》および《赤漆舟守縁起猫》をご覧いただけます。また、ミュージアムショップ(株式会社 三楽)も期間限定で展開しております。

左:サン・シスター(リバース) 右:赤漆舟守縁起猫
3回目の訪問でサン・シスター(リバース)の立ち上がる瞬間に出会えました 🤣
ヤノベケンジ展@有隣荘(2010)

大原美術館と向かい合うように建っている黄緑色の瓦が特徴的な有隣荘(別名:緑御殿)は、大原孫三郎の別邸として1928年に完成。建築家・薬師寺主計(1884~1965)や数々の名庭を手掛けた7代目・小川治兵衛(1860~1933)といった名手たちにより丹念に作り上げられました。近年、春と秋の特別展示の際に一般公開されています。

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

特別展:秋の有隣荘・特別公開
    マティス — 光と色と
会 期:2022年10月7日(金)〜10月23日(日)
    10:00〜16:00
入館料:1,000円(一般)
会 場:大原家旧別邸・有隣荘
    倉敷市中央1-3-18
    086-422-0005(大原美術館)

3年ぶりの秋の有隣荘特別公開となります。大原美術館では、通常まとまって展示する機会のないアンリ・マティス(1869〜1954)の作品をご覧いただく機会になります。移ろいゆく生きた光が見せるマティス作品の表情。有隣荘の光とそれが織りなす色の表情とのコラボレーションにもご期待ください。

今橋から大原美術館本館を眺める(2020)

大原美術館の本館を設計したのも薬師寺主計。1930年4月に着工して、11月5日に開館という突貫工事で、施工費5万円(現在の価格で1億5千万円)でしたが、前年の1929年は、ニューヨーク株式市場の大暴落に始まる世界恐慌が日本も直撃し、倉敷紡績も大幅な欠損に見舞われました。そのような状況の中で、日本国内最初の私立西洋近代美術館が出現した事は驚天動地の大事件だったでしょう。尚、左右にロダン作の彫像を配した本館玄関は、石造建築のように見えますが、イオニア式の柱も鉄筋コンクリート造で、左官が表面を石粉をモルタルと混ぜた人工石材で模したとの事。尚、倉敷川に架かる今橋(5種20面の龍の模様が彫られている)は、児島虎次郎によってデザインされたもの。辰年生まれの大原孫三郎に因んでいるとお聞きしました。

この記事を書いた人