21_21 DESIGN SIGHT

  • ブックマーク

東京・六本木は、月刊誌・JAPAN INTERIOR DESIGN(1985年に廃刊)の編集部で使い走り時代を過ごした思い出の地。出版社の近所にデザイナーの倉俣史朗さん(1934〜1991)の事務所も交差点を挟んであり、エットレ・ソットサスさん(1917〜2007)や三宅一生さん(1938〜2022)の仕事も目の当たりにしデザインの一端を学ばせて貰ったような気がしています。

僕は人の “エモーション” を沸き立たせるような物作りを一貫して追求してきました。今の世の中を見渡すと、デザインという行為から “エモーション” を感じることがあまりに少なくなっています。デザインは20世紀が生んだ素晴らしい作業の1つだったかもしれません。しかし、20世紀も後半になると、作り手の作家性だけでデザインが成り立ってしまったり、企業買収などを含めたブランドビジネスのほうが、創作行為よりも優先され、物作りがデザインからどんどん離れていってしまっている気がしています。

僕はこうした現状をもう一度デザインで切り崩せないかと考えているんです。それには、テクノロジーとイマジネーションを現代的な解釈のもとで結びつけて発想していくことが不可欠だと思っています。僕はつねに『シンプル』に帰る力を持っていたい。そして過去に捕らわれないで次のことをやりたい。自由にやりましょうよ(三宅一生)。

アーヴィング・ペンと三宅一生  Visual Dialogue 展(2011)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:クリストとジャンヌ=クロード
    包まれた凱旋門
会 期:2022年6月13日(月)〜2023年2月12日(日)
    10:00〜19:00(入場は18:30まで)
入場料:1,200円(一般)
会 場:21_21 DESIGN SIGHT・ギャラリー 1&2
    東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
    03-3475-2121

2021年9月、パリのエトワール凱旋門が布で覆われると、周囲は人々の歓声に包まれました。現代美術作家クリストとジャンヌ=クロードが出会い、創造活動の一歩を踏み出したパリで1961年に構想し、悲願の夢でもあったプロジェクト「LʼArc de Triomphe, Wrapped, Paris, 1961–2021(包まれた凱旋門)」が現実のものとなった瞬間でした。

21_21 DESIGN SIGHT では、2022年6月13日より2023年2月12日まで、企画展「クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”」を開催します。16日間に渡り、銀色のコーティングが施された再生可能な青い布25,000m2と、3,000mもの赤いロープで包まれた「LʼArc de Triomphe, Wrapped」の制作背景と実現に向けた長い道のりに焦点をあて、二人の人生において貫かれたものを紐解きます。

1935年6月13日、同じ年の同じ日に別々の場所で生まれたクリストとジャンヌ=クロードは、1958年秋のパリで運命的に出会い、アーティストとしての活動を始めます。その後1964年にニューヨークへ渡り、二人は世界中で驚きに満ち溢れたプロジェクトを実現させていきます。2009年にジャンヌ=クロードが逝去した後も、二人が夢見たプロジェクトの実現に向けて、クリストは創作活動を続けました。「包まれた凱旋門」のプロジェクトもそのひとつでした。当初2020年に実現予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大のため延期となり、クリストは完成を見ることなく同年5月に他界。その後、多くの賛同者の協力のもと、構想から60年という歳月をかけて、2021年9月に実現の日を迎えたのです。

本展は、ヴラディミール・ヤヴァチェフをはじめとするクリスト・アンド・ジャンヌ=クロード財団の協力を得て開催されます。多くの記録画像や映像を使って、本展ディレクターで映像作家でもあるパスカル・ルランのシネマティックな表現により「包まれた凱旋門」の構想から実現までを新たな体験としてつくり出します。また、二人の活動に長年かかわる、柳 正彦が担当する「二人のアーティスト:創作の64年」というセクションでこれまでの主要な活動を紹介します。

長い年月をかけ、さまざまな困難を乗り越えて実現へと向かう、ポジティブで力強い姿勢。また、そのような二人の強い思いの元に集まってきた仲間たちの存在があるからこそ、今までだれも見たことのない作品を生み続けることができるのです。夢の実現に向けたクリストとジャンヌ=クロードの姿勢は、アートやデザインのみならず日常におけるさまざまなチャレンジにも勇気を与えてくれるでしょう。

ウォールクロック・SPIRAL(1981)

こちらは、六本木・AXIS ビルに入居していたショップ・SPIRAL のために倉俣さんがデザインしたウォールクロック(2082_8)。 ロゴのデザインは、田中一光さん(1930〜2002)。

ISSEY MIYAKE 青山店(2011)

この記事を書いた人