21_21 DESIGN SIGHT

  • ブックマーク

1970年代は、編集長から誘っていただき月刊誌・JAPAN INTERIOR DESIGN(1985年に廃刊)の編集部に席を置いていてた東京の六本木には、倉俣史朗さん(1934〜1991)のオフィスもあり、倉俣さんがデザインを担当された三宅一生さん(1938〜2022)の新しいショップが都内にオープンする度に写真撮影に立ち合わせて貰っていた時代。

2007年、その六本木の防衛庁跡地に誕生した複合施設・東京ミッドタウンのデザイン・ミュージアム・21_21 DESIGN SIGHT のディレクターの一人が三宅一生さんで、建築設計が安藤忠雄さん

僕は、人の “エモーション” を沸き立たせるような物作りを一貫して追求してきました。今の世の中を見渡すと、デザインという行為から “エモーション” を感じることがあまりに少なくなっています。デザインは20世紀が生んだ素晴らしい作業の1つだったかもしれません。しかし、20世紀も後半になると、作り手の作家性だけでデザインが成り立ってしまったり、企業買収などを含めたブランドビジネスのほうが、創作行為よりも優先され、物作りがデザインからどんどん離れていってしまっている気がしています。

僕は、こうした現状をもう一度デザインで切り崩せないかと考えているんです。それには、テクノロジーとイマジネーションを現代的な解釈のもとで結びつけて発想していくことが不可欠だと思っています。僕はつねに『シンプル』に帰る力を持っていたい。そして過去に捕らわれないで次のことをやりたい。自由にやりましょうよ。

三宅一生
アーヴィング・ペンと三宅一生  Visual Dialogue 展(2011)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:Material, or 
会 期:2023年7月14日(金)〜11月5日(日)
    10:00〜19:00(入場は18:30まで)
入場料:1,400円(一般)
会 場:21_21 DESIGN SIGHT・ギャラリー 1&2
    東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
    03-3475-2121

21_21 DESIGN SIGHT では、2023年7月14日より企画展「 Material, or 」を開催します。 展覧会ディレクターには、自主的なリサーチプロジェクトによって生まれる独自の視点から新しいデザインのかたちを発信し続ける、デザイナーの吉泉 聡を迎えます。

普段の生活の中で接する「もの」のほとんどは、人によってデザインがなされています。ディレクターの吉泉は、これら「もの」がつくられる過程にはこの世に存在するありとあらゆる「マテリアル」が「素材」として意味づけされるプロセスが含まれていると述べています。つまり、特定の意味を持たなかった「マテリアル」が、人や生物との関わりの中で「もの」へとつながる意味が付与され「素材」となるのです。「マテリアル」と「素材」は本来同義ですが、本展では先述のように使い分けて考えていきます。

私たちがものについて考えるときに、誰かが意味付けをした素材について意識を巡らすことがあったとしても、マテリアルにまで立ち戻ることはほとんどありません。合目的的に「座りやすそうな木製の椅子」と捉えることはあっても、原初的な感覚として「生命感のある木」という感覚まで立ち戻って思いを巡らせることはまれです。本来、意味とはマテリアルとの対話から立ち現れるものであったはずです。私たちは有史以前からマテリアルと共に暮らし、密接な対話を通してものをつくり、暮らしを営んできました。しかし現代社会においては、一部のつくり手がデザインを担うことで、多くの人にとってマテリアルとのつながりは「つくる / つかう」という視点から断ち切られています。

また、マテリアルとの対話とは、マテリアルを管理することとは異なります。つくり手の思ったとおりの形や機能をデザインすること、つまり、つくり手の思ったとおりの素材とすることが、必ずしも人とマテリアルとのよい関わり方だとは言えないでしょう。むしろ、さまざまな環境問題が提起される現代だからこそ、一度素材の意味を剥ぎ取り、マテリアルとの原初的な感覚のやり取りから、その背後にある自然環境や社会環境の持続可能性まで含めて、身体的で深い対話がなされるべきだと考えられます。

本展覧会では、企画協力に芸術人類学者の石倉敏明、バイオミメティクスデザイナーの亀井 潤を迎え、これまでに人間が営んできた自然との多様な関わり方をアートやデザイン、人類学の観点から紐解くと同時に、最先端のマテリアルサイエンスが我々の感覚をどのようにアップデートしてくれるのかも紹介していきます。

私たちとマテリアルのつながりを、地球をめぐる果てしなく広大な物語から読み解き、再発見を試みる本展がマテリアルの織り成す新しい世界を感じるきっかけとなれば幸いです。

ウォールクロック・SPIRAL(1981)

こちらは、六本木・AXIS ビルに入居していたショップ・SPIRAL のために倉俣史朗さん(1934〜1991)がデザインしたウォールクロック(2082_8)。 ロゴのデザインは、山中湖の別荘で手料理を振る舞っていただいた田中一光さん(1930〜2002)。

ISSEY MIYAKE 青山店(2011)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

ISSEY MIYAKE は、2023年6月22日(木)に 2023 / 24年春夏コレクションをパリ装飾芸術美術館で発表し、当サイトおよびインスタグラムの公式アカウントでライブ配信を行いました。

今回のコレクションは、製品プリーツという技法を用いた、ブランド独自のものづくりを見つめ直すことからはじまり、衣服そのものを本質まで削ぎ落す制作プロセスを行いました。こうして、自ずと浮かび上がってくるのは、シンプルなカッティングと繊細な色合いによる様々な新しい日常着、どれも創意工夫と技術力で実現されているものであり、ブランド創立以来変わらない「プロダクトとしての衣服」という哲学を現しています。

この記事を書いた人