水道記念碑

  • ブックマーク

宇野港の西側緑地に山陽時報社(現・山陽新聞社)が寄贈した水道記念碑が建立されている。1910年6月12日に宇野線の開通と同時に連絡船が発着するようになった宇野港と国鉄(現・JR西日本)の宇野駅のために敷設された簡易水道は、1940年9月に玉野市が市制施行する前の宇野町が1920年6月に田井・高下田で井戸を掘削。それを水源に起工され、1922年4月に竣工、通水に至ったのですが、豊富な水資源のないこの地域で暮らした先人、水道事業に携わった方々のご苦労は、並大抵でなかったでしょう。今日の水道状況について思いを馳せると感謝しきれません。

但し、玉野市内のほぼ全域に供給されるようになるには、高梁川を水源とする岡山県南部上水道配水組合(現・岡山県南部水道企業団)から分水され、各所のポンプ所から山頂に作られた配水池に送水出来るようになる1954年まで待たなければならなかった。また、1969年には、海底管を通して直島町へも送水されるようになりました。

大正期の宇野港と旭橋。建立当時の水道記念碑も確認出来る。

日本の上水道は、1590年に徳川家康の命で造られた神田上水が起源と伝えられています。そして、近代水道が初めて造られたのは、横浜でした。1883年、英国陸軍大佐のヘンリー・スペンサー・パーマー氏を顧問に迎え、相模川と道志川の合流支店を水源に水道の建設に着手し1887年10月に給水を開始したようです。当時の日本は、雨水や河川、井戸水に頼る生活だったため、腸チフス、赤痢、コロナなどの水系感染症に苦しんでいました。横浜も海を埋め立てて拡張した土地だったため、ほどんどの井戸水は塩分を含み飲み水には適していなかった。横浜に続き、函館、長崎、大阪、東京、広島、神戸で完成し、1905年7月に全国で8番目に通水したのが岡山でした。因みに、倉敷市の通水は、1916年に当時の玉島町で開始されています。

2019年に厚生労働省が発行した資料によると水道水の生産費用は、職員給与費、減価償却費、支払利息、受水費などで構成されていて、水道水1トン当たりの生産費用は、全国平均で164円。岡山県は、145円。全国の一般家庭の支出費用(下水道料金含む)は、月4,130円。玉野市は、使用量月20トン未満の場合に2,180円と岡山県内の15市の内では、倉敷市(中核市54市の内では、安価順位1位)と並ぶ安い料金水準となっています。

この記事を書いた人