水道記念碑

  • ブックマーク

宇野港の西側緑地に山陽時報社(現・山陽新聞社)が寄贈した水道記念碑が建立されている。明治43年(1910)6月12日に宇野線の開通と同時に連絡船が発着するようになった宇野港と国鉄(現・JR西日本)の宇野駅のために敷設された簡易水道は、昭和15年(1940)9月に玉野市が市制施行する前の宇野町が大正9年(1920)6月に田井・高下田で井戸を掘削。それを水源に起工され、大正11年(1922)4月に竣工、通水に至った。

但し、玉野市内のほぼ全域に供給されるようになるには、高梁川を水源とする岡山県南部上水道配水組合(現・岡山県南部水道企業団)から分水され、各所のポンプ所から山頂に作られた配水池に送水出来るようになる昭和29年(1954)まで待たなければならなかった。

大正期の宇野港と旭橋。建立当時の水道記念碑も確認出来る。

それにしても、豊富な水資源のないこの地域で暮らした先人、水道事業に携わった方々のご苦労は、並大抵でなかったでしょう。感謝しきれません <(_ _)>

岡山県南部水道企業団は、昭和25年(1950)に前身である岡山県南部上水道配水組合として設立。昭和30年(1955)に高梁川の水が初めて市内に届き、昭和44年(1969)には海底管を通して直島町へも送水している。玉野市民6万人余りの暮らしを支える水脈の第一歩が「田井水道」だった。

令和2年(2020)6月16日、山陽新聞玉野圏版の記事を要約転載

この記事を書いた人