鮨 魚正(閉店)

  • ブックマーク

1995年頃、岡山市内の某割烹で偶然に隣り合わせて意気投合し酒を飲み交わした山本洋子さん。その時は、互いに名乗りあわずに別れたのですが、その数年後、初めて訪れた鮨屋でバッタリ、互いに目を白黒、僕は、客でカウンターの外に座り、彼女はカウンターの中で鮨を握っている。ここは、西の横綱と呼ばれた名店(参考サイト)なので、僕には敷居の高い店でしたが、「出会い系」の勢いで通わせていただきました。

洋子さん(左)

ネタ箱に収まっている20種類ほどの瀬戸内の魚介類は勿論、数年前から時々入荷するようになった大間の本マグロは流石に絶品。特に穴子の握りは印象に残ると思います。さらに、お母さまの「おもてなし」は、忘れがたし。また、「瀬戸内コース」と銘打った10,500円のメニュー作りでは、コメントを求められ提案を取り入れていただきました 。

2005年7月、ご自宅兼店舗を改装するため半年間休業するっていうので魚正を訪ねると、なんと吉田牧場のご一家と遭遇。奥さまの千文さんとは初対面でしたが、カウンターで隣り合わせになったこともあり親しく話しかけていただきました。吉田全作さんのお母さまからも「あなたとは、初めて会ったような気がしないわ」、なんて語りかけていただき、めちゃ感(笑)。

後日、パートナーと一緒に洋子さんのご自宅の新築祝いに駆けつけたら、またまた吉田さんと遭遇、持参のドンペリとチーズで乾杯! 「僕のところでは、ブラウン・スイスという牛の乳からチーズを作っています。今の時期は、新鮮な草を食べていますから特に風味が良いですよ」とのことでしたが、そのミルキーな甘みの中に仄かに漂う青草の香りに陶然となリまし。料理、美術、音楽、旅など多彩な話題は流石。別れ際に誘われた自作釜で焼いたピザを囲むパーティには、蒼々たる料理人が集合するらしい(2006年1月8日、追記)。

2012年6月、長年の懸案だった吉田牧場を表敬訪問し、全作さんからチーズ作りの心臓部や完成間近だった熟成庫などを案内していただきラクレットとカッチョカバロ、リコッタ・チーズなどを購入。息子さんの原野くんも後継者として立派に育っているようでした。

こちらは、洋子さんとのツーショット。休業中にご一緒した直島の地中美術館にて。そして、閉店した後も作り続けられているアミ漬け。

この記事を書いた人