厳島神社

  • ブックマーク

厳島(宮島)にある厳島神社は、宗像三女神(市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)を祀る古社。593年の創建で、1168年に安芸守として任官された平清盛(1118〜1181)の援助を得て、今日のような廻廊で結ばれた海上社殿となったと伝えられる。

本殿(国宝)は、1571年に毛利元就によって改築されているが、その他の社殿は、1241年に建築されたもので貴重。アイキャッチ画像の大鳥居(重要文化財)は、1168年頃を初代として現在は、8代目とされていて高さ16m、重量は約60t。主柱は、クスノキの自然木で干潮時には、太い根元が出現する。1996年、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

千畳閣から厳島神社を臨む
地御前神社

こちらは、旧暦6月17日の夕刻から行われる神事・管弦祭で和船に載せた御神体が曳航され拝される厳島神社の外宮・地御前神社。厳島神社と同じ593年に創建で、当時は、境内に19もの殿舎が立ち並ぶ荘厳な神社で拝殿の足元まで海で船を係留していたとのこと。現在は、拝殿(1915年に再建)と本殿、客人本殿を残すのみとなっています。

展覧会:厳島神社・宝物名品展(終了)
会 期:2019年11月10日(日)〜12月8日(日)
    9:00〜16:30
入館料:1,000円(一般)
会 場:厳島神社・宝物収蔵庫
    広島県廿日市市宮島町
    0829-44-2020

国宝「平家納経」ほか舞楽装束、太刀など嚴島神社所蔵の名品を特別公開。普段はレプリカでしかお目にかかれない貴重な美術工芸品を見られる期間限定のスペシャルイベントです。

宮島を訪ねたその夜、夢枕に神様が現れ、「お前の身体は、左側に光が、右側に影の2体が習合している。この神剣で真っ2つに切り分け楽にしてやろう!」とのお告げをいただいた。どうやら、宮島の霊力によってわが体内の正邪善悪エネルギーが左右に分離されたようなのだ。恐るべし 🤣

あなごめしうえの

宮島上陸前に腹ごしらえをするなら、厳島神社の玄関口・フェリー乗り場前にある人気店・あなごめしうえのがお勧め。昔は、弁当と同じ四角い塗りの器で提供されていましたね。

この記事を書いた人