投入堂

  • ブックマーク

古来より人々は、海や山などの身近な大自然に対して崇敬の念を抱いてきたようです。神話の世界でも山の神は狩猟、農耕を司るものとして崇め祀ったと語られています。そして、山上を祖霊との接触の霊山、聖地と考えた山岳信仰は、吉野の金峯山寺などの聖地を各地に生み出した。

鳥取県・三徳山の麓から中腹に境内がある三仏寺も霊験のある法を修める籠山の1つですが、ここには修験道の開祖・役行者(役小角)が法力で建物ごと平地から投げ入れたと語り継がれている有名な国宝・投入堂(なげいれどう)がある。本堂から奥の院へ至る行場を木の根にしがみつくようによじ登ること約1時間。眼前に突然現れる投入堂との邂逅はやはり格別。わくわく、うきうき、どきどき、そして、びっくり!

投入堂の建立は、平安時代後期(1086〜1184)と発表されました。1903年に岡倉天心らが国宝調査のために訪れた日記には、当時は朱塗りだったかもしれないという記述があるという。三仏寺は、3年計画で修復されます。また、平安時代作と考えられている国内最古級の木造・蔵王権現立像が開山1300年を記念して7月18日から本堂で公開されます。同時に、キリンビールから「三徳山ラベル」のラガービール(中瓶)が限定発売されるのは、ご愛敬ですが(笑・2006年7月12日、追記)。

昨日、三仏寺から開山1.300年記念行事として約60年振りに投入堂特別拝観を認めるとの発表がありました。実施日は、2007年11月中旬(混乱防止のため日時は非公開)。応募対象は18歳以上、締め切りは9月1日。当日は、住職とともにお堂に入り法要に参列出来ますが、「この拝観は、岩のすき間に手を掛けて登るロック・クライミングのようなもの。心して来ていただきたい」としています(2007年8月23日、追記)。

四季折々の投入堂を捉えた池本喜巳さんの写真集・三徳山 三仏寺(新日本海新聞社刊)が届いた。積雪をかき分けながらの撮影山行を、まるで五体投地のようだったと笑って振り返えっておられるが、それは並大抵の苦労ではなかった筈。そう思って写真を眺めていると、それら一枚一枚が池本さんの会心の笑顔そのもののようにも思えて、ちょっと感動しちゃいました。自分が評価するのも失礼な話ですが、良い仕事だと思います。

展覧会:池本喜巳・写真展(終了)
    ジェームスの島 ROTA
会 期:2019年9月18日(水)〜10月19日(土)
    11:00〜19:00
会 場:ブルームギャラリー
    大阪市淀川区新北野1-11-23 ハイム北野B103
    06-6829-6937

鳥取出身の池本喜巳(1944〜) は、現在も鳥取をベースに山陰の記録を撮り続ける写真家です。これまで多くの作品を展示発表しており、代表作として昭和の時代を色濃く残す個人商店を約40年間撮影した「近世店屋考」、山陰の風景を撮影した「そでふれあうも」などがありますが、同時並行で多くのシリーズを撮ってきました。

池本作品の魅力は、圧倒的な撮影量と既成概念にとらわれない実験的な写真表現にあります。ブルームギャラリーでは、本展を皮切りに、3ヶ月に1度のペースで池本作品のビンテージプリントを紹介する中で、写真家 池本喜巳の幅広い写真表現に焦点を当てていきたいと考えます。 
  
第1回目に紹介するのはサイパンとグアムのほぼ中間に位置する小さな島ロタ島で撮影した「ジェームスの島」シリーズ。本シリーズは、1993年にニコンサロン銀座とニコンサロン大阪で展示をしたもので、本展では、80点以上の作品の中からセレクトした作品を展示いたします。

この記事を書いた人