池川富雄さん

  • ブックマーク

松山市でヨット工房を主宰している池川富雄さんは、1976年から1978年にかけて、25フィートのヨット・鴎盟(おうめい)で太平洋一周。その後、1979年から1985年の期間は、52フィートのヨット・エリエールの船長としてハワイなどを周遊。

1989年、友人の自作ヨットで松山に立ち寄った際に紹介され、クルージングに何度か誘っていただいた。特に、2000年の冬、宇野港から松山への航海は忘れがたい。今後は、富雄さんと呼んでいいですかと尋ねた時には、「なんだかお富さんみたいで気持ち悪いなぁ」と苦笑されました。

因みに、自分一人で初めてヨットを出港させようとした時には、海に漕ぎ出す喜びよりも無事に戻って来られるのだろうかという恐怖感に苛まれた経験があります。船長とクルーの守備範囲と責任感には、とてつもない大きな差があります。虎穴に入らずんば虎児を得ずの例えの通り、それは全責任を受け持つことを覚悟しなければ解らない感覚でしょう。

花丸進水@アンカレッジ・マリーナ(2004)

真冬の北太平洋を単独で日本からアメリカに渡った馬鹿なヨット乗りは、僕の知る限り世界で2人。僕と佐藤正志さんだけ(荒天帆走)。太平洋をヨットで横断するのは、春から夏にかけて。冬は、いけない。低気圧の墓場だよ。命を落とすよと言って止めたのに彼はやりきった。だけど、あそこは、ケープホーン(南米最先端の海の難所)より怖かったらしいよ(池川富雄・談)。

ヨットを回航する仕事をしていた頃の佐藤正志さん
佐藤さんの自作ヨット・百鬼丸
丸亀港に係留していた頃の百鬼丸(クモノスに改名)

佐藤さんは、長距離トラックで鮮魚を運ぶアルバイトをしながら建造資金を稼ぎ、23フィートの木造ヨット・百鬼丸(ひゃっきまる)を自作。1983年に出帆し世界一周を成し遂げたヨットマン。宮城県塩竈市生まれ。帰国後、1年半ほど逗留していた泉大津から宇野港へ百鬼丸を回航してきた頃に出会いました。その時の一点の曇りもない瞳と頑強な歯並びの口元から発せられる塩竈の訛りに一目惚れし(笑)、3年ほど弊社の仕事を手伝っていただきました。

その間、何度か瀬戸内海の「探検クルーズ」を楽しみましたが、今治市沖・魚島群島へのクルージングは、特に良き思い出となっています。多くの事業アイディアが書き込まれていたノートを手には、「人が切り開いた道を辿るのは実に簡単なこと。僕は、パイオニア的な仕事を成し遂げたい」と記されていました。最後に会った頃は、香川県丸亀市に居を構え、ヨットの回航などをされていた頃です。今も元気にされているのでしょうか。

話は前後しますが、アイキャッチ画像は、2005年6月に池川さんの自艇・花丸で松山から大阪までの処女航海で立ち寄った大三島の大山祇神社でのツーショット。この時、同乗していたのは、キッチンを担当してくれていた池川さんのご子息・真帆くん。今回は、風には恵まれず、唯一フル・セールでの帆走は、因島大橋を潜って南下した僅か1時間だけでした。

処女航海では、松山から宇野まで同乗させていただきました
花丸@宇野港第7桟橋(2005)

ニュージーランドへの航跡(2007年10月29日~2008年1月24日)
2006年の日本一周シェイクダウンに続く航海で、松山を出港して大阪、和歌山、父島、グアム、バヌアツ、ニューカレドニアとアイランド・ホッピングをしながらニュージーランドを目指す(2008年2月28日、追記)。

日本への航跡(2008年3月17日~5月21日)
サイクロン・FUNA の動静を見極めて、Opua Marina を出港予定。5月4日、小笠原の父島に入港。破損したスプレッダーを修理中。5月20日、04:15 柳原漁港に到着!(2008年5月21日、追記)。

花丸・世界一周航海(2017年6月5日~2021年5月26日)
5月26日、松山のアンカレッジ・マリーナに無事帰港! 新型コロナ禍で出迎えに行けなかったけれど一時が万事で凄すぎる! 愛艇・花丸を建造出来るサイズに設計された工房の建設からスタートさせ、ヨット乗りとしての大志をきっちりと実現させた池川さんとパートナー・和江さんの献身。お二人の爪の垢を煎じて飲みたい・・・きっと塩っぱいだろうね? 😅(2021年5月28日、追記)。

建造中の花丸@池川ヨット工房(2003)

閑話休題

船が岸壁を離れ港を後にするとき、汽笛で長音3声を吹鳴する習慣があります。 1番目の吹鳴は海の女神(海の掟を守ること)への誓いの表明、2番目の吹鳴は天空の神(良風の恵みを乞う)への忠誠の表明、そして最後の吹鳴は恋人や妻子への別れの合図です。

帆船時代の習慣で、当時は角笛を吹いていたようですが、今もなお続いている船の習慣。洋上で僚船が互いに行き過ぎるときも吹鳴します。

自由とは、自分の持ちうるすべての知力を自由に行使すること。その自由にとって、私は訓練と職人わざの両方が不可欠なものと考えている(ベン・シャーン)。

この記事を書いた人