池川富雄さん

  • ブックマーク

1976年から1978年にかけて、25フィートのヨット・鴎盟(おうめい)で太平洋一周した池川富雄さん。1979年から1985年の期間は、52フィートのヨット・エリエールの船長としてハワイなどを周遊。帰国後は、故郷・松山でヨット工房を主宰。

1989年、友人のヨットで松山に立ち寄った際に紹介され、その後、素人同然の自分をクルージングに何度か誘っていただいた。特に、2000年の冬、宇野港から松山への航海は忘れがたい。

ところで、初めて自分一人でヨットを出港させようとした時は、海に漕ぎ出す喜びよりも、無事に戻って来られるのだろうかという恐怖感に苛まれた経験があります。船長とクルーの守備範囲と責任感には、とてつもない大きな差があります。虎穴に入らずんば虎児を得ずの例えの通り、それは全責任を受け持つことを覚悟しなければ理解出来ない感覚でしょう。

花丸進水@アンカレッジ・マリーナ(2004)

因みに、アイキャッチ画像は、2005年6月、彼の自艇・花丸で松山から大阪までの処女航海で立ち寄った大三島の大山祇神社でのツーショット。この時、同乗していたのは、キッチンを担当してくれていた池川さんのご子息・真帆くん。今回は、風には恵まれず、唯一フル・セールでの帆走は、因島大橋を潜って南下した僅か1時間だけでした。

処女航海では、松山から宇野まで同乗させていただきました
花丸@宇野港第7桟橋(2005)

ニュージーランドへの航跡(2007年10月29日~2008年1月24日)
2006年の日本一周シェイクダウンに続く航海で、松山を出港して大阪、和歌山、父島、グアム、バヌアツ、ニューカレドニアとアイランド・ホッピングをしながらニュージーランドを目指す(2008年2月28日、追記)。

日本への航跡(2008年3月17日~5月21日)
サイクロン・FUNA の動静を見極めて、Opua Marina を出港予定。5月4日、小笠原の父島に入港。破損したスプレッダーを修理中。5月20日、04:15 柳原漁港に到着!(2008年5月21日、追記)。

花丸・世界一周航海(2017年6月5日~2021年5月26日)
5月26日、松山のアンカレッジ・マリーナに無事帰港! 新型コロナ禍の中で出迎えに行けなかったけれど、思いつく限り全てが凄い! 愛艇・花丸を建造出来るサイズに設計された工房の建設からスタートさせ、ヨット乗りとして長年に渡り抱き続けられたご自身の大志をきっちりと実現させた池川さんのプロ魂。そしてパートナー・和江さんの慈愛の献身。お二人の爪の垢を煎じて飲みたい・・・きっと塩っぱいだろうね? 😅(2021年5月28日、追記)。

建造中の花丸@池川ヨット工房(2003)

この記事を書いた人