玉野で生まれて・・・

  • ブックマーク
護衛艦・いしかり

2007年8月9日、宇野港大型客船バースに入港した護衛艦・いしかり。海上自衛隊で初めてガスタービン主機関を搭載。対艦ミサイル、無人砲、チャフ・ロケット発射機を搭載したシステム艦の先駆けとなった。建造費:127.2億円。2007年10月17日除籍。

船 名:護衛艦・いしかり
船 主:防衛省・自衛隊
全 長:85.0メートル
全 幅:10.6メートル
重 量:1,290トン
建 造:三井造船(現・三井 E&S)・玉野事業所
就 航:1980年3月

海洋観測艦・しょうなん(出典:海上自衛隊 HP)

2011年2月22日、宇野港大型客船バースに入港した海洋観測艦・しょうなん(湘南)。護衛艦や潜水艦、掃海部隊の浅海域作戦に欠かせない海底地形の精密調査や海底下物性調査をはじめ、潮流、海水塩分濃度などの海洋環境データを収集する。建造費:188億円。

船 名:海洋観測艦・しょうなん
船 主:防衛省・自衛隊
全 長:103.0メートル
全 幅:16.4メートル
トン数:2,950トン
建 造:三井造船(現・三井 E&S)・玉野事業所
就 航:2010年3月

内航用練習船・大成丸

2017年11月20日、宇野港大型客船バースに入港した内航用練習船・大成丸。内航海運業の即戦力となる船員の育成を担っている。建造費:41.8億円。

船 名:内航用練習船・大成丸(4代目)
船 主:海技教育機構東京センチュリー(共同発注)
全 長:91.28メートル
全 幅:15.50メートル
重 量:3,990トン
建 造:三井造船(現・三井 E&S)・玉野事業所
就 航:2014年4月1日

テクノスーパーライナー@三井造船・玉野事業所

高度な技術を要するアルミ溶接の船体、高機能のガスタービン・エンジン(GE製)、ウォーター・ジェット・ポンプ(RR製)、空気圧で船体をホーバークラフトのように浮上させる運航性能などの最新技術を集積した超高速旅客船・テクノスーパーライナー。2005年、紀伊水道で42.8ノットの最高速力を記録。

東京の竹芝と小笠原諸島の父島航路に就航予定で、小笠原海運とのリース契約を行う直前、同船内部を見学させていただく機会を得ました。その後、高価なジェット燃料のコストなどが議論の的になり引き取りを拒否された(小笠原新聞のテクノスーパーライナー関連記事)。

2011年5月17日から5月31日の期間、東北地方太平洋沖地震被災者用の「海のホテル」として宮城県の石巻港で運用されましたが、本来の能力を發揮する事なく、2017年8月、広島県の江田島で解体されました(涙)。建造費:115億円。

船 名:テクノスーパーライナー
船 主:テクノ・シーウェイズ
トン数:13,923トン
全 長:140メートル
全 幅:30メートル
建 造:三井造船(現・三井 E&S)・玉野事業所
進 水:2004年11月

この記事を書いた人