海の博物館

  • ブックマーク

伊勢神宮に参拝した際に少し足を伸ばして立ち寄った海の博物館は、建築家・内藤廣による新たな空間を手に入れて見事なハーモニーを奏でていました。館内への入り口に立った瞬間から期待が高まりますが、明治時代のカツオ一本釣りに使用されていた和船・八丁櫓のある大空間は圧巻。現在、木造船や漁具など海に関する資料を約60,000点収集、収蔵(6,879点の国指定重要有形民俗文化財を含む)。海と深い関わりをもって暮らしてきた人々の歴史を体系的に学べます。

地元の伊勢湾や熊野灘での独特の漁法、信仰などを模型や資料で丁寧に紹介されていていますが、沖縄のサバニなど、日本各地から消滅しつつある小型木造船の蒐集、展示は特に貴重だと思いました。ちなみに、私の愛艇・ノラ21 を設計された日本ヨット界の草分け・横山晃さんが保針性(直進性を維持する性能)の良い理想的な船型をサバニに見いだした話は有名。

海の博物館

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:大漁旗
    漁村のにぎわいと海民の絆
会 期:2022年4月23日(土)〜7月10日(日)
    9:00〜16:30
入館料:800円(一般)
会 場:海の博物館・特別展示室
    三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
    0599-32-6006

大漁旗は、豊漁を得たことを帰港の際に示したり、正月などめでたい時季に海上安全や豊漁を願うため船に掲げられます。その起源は明確ではありませんが、少なくとも捕鯨では江戸時代に、得漁の印として旗を立てていたようです。

現在では、単に船を豪華に彩るための飾りのような印象を持たれがちですが、本来は陸で待つ家族や仲間に大漁や無事をはやく知らせたいという漁民の想い、一年を安全に、おおいにお金も稼げるようにという願い、船の新造時などに親しい相手、大事な相手へ贈って新たな門出を祝う心が詰まった、人と人との絆を強固にする大事なものです。

本展は大漁旗の製造方法や歴史、様々な役割を紹介しつつ、荒波に挑む漁師の勇壮な姿や、海を超えてつながれてきた海民の絆、また生地やデザインを利用した、新たな大漁旗の利用方法、可能性についても知っていただく機会として企画いたしました。

玉野海洋博物館

ところで、先人は、海にまつわる言葉も多く残しています。「舵取りを任す」、「大船に乗ったつもりで」、「船出を祝う」、「渡りに船」、「海図なき船出」、「待てば海路の日和あり」等々・・・常世からの波が打ち寄せるという地・伊勢神宮への参拝の際に立ち寄られ、海に想いを寄せてみるのも一興。自分の心の中を掘り下げてゆくことにより立ち現れてくる「素形」を、世の中(他人)とシンクロするための拠り所にしていると語る内藤廣さんのインタビュー記事は、有用なブログの存在意義と通底しているように思います(笑)。

そういえば、地元にも海洋に関する陳列館と海洋生物などを展示している水族館を備えた日本一小さな玉野海洋博物館(愛称:渋川マリン水族館)があります。瀬戸内海の魚類、野外プールの海亀や珍しいキタオットセイ、魚類剥製や貝類標本、歴史的な船の模型、ツチ鯨の標本など、それぞれ見応えがありますよ。

この記事を書いた人