海の博物館

  • ブックマーク

伊勢神宮に参拝した際に少し足を伸ばして立ち寄った海の博物館は、建築家・内藤廣による新たな空間を手に入れて見事なハーモニーを奏でていました。館内への入り口に立った瞬間から期待が高まりますが、明治時代のカツオ一本釣りに使用されていた和船・八丁櫓のある大空間は圧巻。現在、木造船や漁具など海に関する資料を約60,000点収集、収蔵(6,879点の国指定重要有形民俗文化財を含む)。海と深い関わりをもって暮らしてきた人々の歴史を体系的に学べます。

地元の伊勢湾や熊野灘での独特の漁法、信仰などを模型や資料で丁寧に紹介されていていますが、沖縄のサバニなど、日本各地から消滅しつつある小型木造船の蒐集、展示は特に貴重だと思いました。ちなみに、私の愛艇だったノラ21 を設計された日本ヨット界の草分け・横山晃さんが保針性(直進性を維持する性能)の良い理想的な船型をサバニに見いだした話は有名。

先人は、海にまつわる言葉も多く残しています。「舵取りを任す」、「大船に乗ったつもりで」、「船出を祝う」、「渡りに船」、「海図なき船出」、「待てば海路の日和あり」など常世からの波が打ち寄せるという地・伊勢神宮への参拝の際に立ち寄られ、海に想いを寄せてみるのも一興かと思います。内藤廣さんが、自分の心の中を掘り下げてゆくことで立ち現れてくる「素形」を、世の中(他人)とシンクロするための拠り所にしていると語る建築手法の講演録は、こちら。動画は、あちら

海の博物館

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

特別展:海のなかは妖怪ワールド
会 期:2022年7月16日(土)〜11月23日(水・祝)
    9:00〜16:30
入館料:800円(一般)
会 場:海の博物館・特別展示室
    三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
    0599-32-6006

以前は未知の世界であった現象や場所でも、現代では様々な事象が科学的に証明され、海のなかも深度1万メートルを超える深海まで人の目が届きつつあります。しかし、かつて海のなかは陸上とは全く異なる、神秘的な “異世界” として認識されており、人は海に人知の及ばない存在を見出し、妖怪や神仙の伝承が数多く生まれました。それは人々が海や自然そのものと日常的に接しながら、敬意と畏怖を抱いてきたことのあらわれでもあります。

本展では、妖怪や神さま、精霊、伝説上の生物などをまとめて “妖しもの” と総称し、それらを描いた絵図や民芸品、祭具、アーティストの作品などを展示するととともに、志摩半島周辺と、全国各地の伝承、妖しものがもたらす災厄から逃れるために編み出されたまじないなどを数多く紹介しながら、人と海との共生の歴史、海にまつわる信仰を知っていただきたいと思います。

玉野海洋博物館

そういえば、地元にも海洋に関する陳列館と海洋生物などを展示している水族館を備えた日本一小さな玉野海洋博物館(愛称:渋川マリン水族館)があります。瀬戸内海の魚類、野外プールの海亀や珍しいキタオットセイ、魚類剥製や貝類標本、歴史的な船の模型、ツチ鯨の標本など、それぞれ見応えがありますよ。

この記事を書いた人