海の博物館

  • ブックマーク

海と深い関わりをもって暮らしてきた人々の歴史を体系的に学べる海の博物館は、建築家・内藤廣による空間を手に入れ見事なハーモニーを奏でている。館内への入り口に立った瞬間から期待が高まるが、明治時代のカツオ一本釣りに使用されていた八丁櫓のある大空間は、他に類を見ない。現在、木造船や漁具など海に関する資料を約60,000点収集、収蔵(6,879点の国指定重要有形民俗文化財を含む)している。

地元の伊勢湾や熊野灘での独特の漁法、信仰などを模型や資料で丁寧に紹介されていていますが、沖縄のサバニなど、日本各地から消滅しつつある小型木造船の蒐集、展示は特に貴重だと思いました。ちなみに、私の愛艇・ノラ21 を設計された日本ヨット界の草分け・横山晃さんが保針性(直進性を維持する性能)の良い理想的な船型をサバニに見いだした話は有名。こちらの画像は、鳥羽市観光協会の HP から拝借しました。

小型木造船の収蔵庫

ところで、先人は、海にまつわる言葉も多く残しています。「舵取りを任す」、「大船に乗ったつもりで」、「船出を祝う」、「渡りに船」、「海図なき船出」、「待てば海路の日和あり」等々・・・常世からの波が打ち寄せるという地・伊勢神宮への参拝の際に立ち寄られ、海に想いを寄せてみるのも一興。自分の心の中を掘り下げてゆくことにより立ち現れてくる「素形」を、世の中(他人)とシンクロするための拠り所にしていると語る内藤廣さんのインタビュー記事は、有用なブログの存在意義と通底しているように思います(笑)。

特別展:青の造形
    中央構造線上の漁村空間
会 期:2021年9月4日(土)〜11月23日(火・祝)
    9:00〜17:00
入館料:800円(一般)
会 場:海の博物館・特別展示室
    三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
    0599-32-6006

本展覧会は、青石で空間が創られた漁村に着目し、三重県鳥羽市の離島、和歌山県和歌山市和歌浦湾域、愛媛県伊方町の3地域の漁村を建築学の側面から紹介するものです。これらの地域は中央構造線上に位置し、青石(緑色片岩)が多く露出することから、様々な青石の使われ方で漁村空間が形成されているのが特徴です。

青石の創り出す漁村の街並みや路地、石垣、民家などを図面・写真・スケッチ・地形模型などで展示しながら、異なる地域で同じ素材がどのように使われているのか、その空間の類似性と差異性を見出しながら、各地域の漁村の魅力をご覧いただければと思います。同時に今後の漁村のまちづくりを様々な切り口から議論する講演会やシンポジウムも開催し、漁村の新たな方向性や価値観を共有する機会となることを企図しています

この記事を書いた人