離島生活支援船

  • ブックマーク

アイキャッチ画像は、定期船の通わない離島(石島、屏風島)に小荷物や人を運ぶのに使用した離島生活支援船・飄(ひょう)。食料品などの買い物代行も行い、週2回の運航(合間には、海上タクシーとして活用)を14年間続けました。

採算的には、トントンだったけれど、島の人たちとのつかず離れずの距離感が心地良かった。街では、「おっさん」の僕も、島では、「おにいさん」ですし(笑)、ワタリガニ(画像)やゲタ(舌平目)、モエビ、ニシ貝、サザエ、イカ、大ダコ、フグ、海苔など、自宅の食卓に上る魚介類は、ほとんど「いただきもの」で間に合ったし、海に出ることで適度な緊張感が得られ、不安定な船に乗り降りしたり、島中を荷物車を押しながら歩き回ることで足腰も鍛えられました。

2005年9月、カンボジア・ジェムリアップに出掛けていた間に、初代(ヤンマー・はやぶさ28)が台風14号の強烈な南風を受けて岸壁と接触、ブリッジと船尾が大破してしまった。修理に3ヶ月、費用も300万円ほどかかるというので、泣く泣く新艇を購入することに(笑)。狭い漁港内での取り回しが楽なドライブ仕様のヤンマー・サルパ30は、最高速度30ノット(約55キロ)、波高1.5メートル程度の波浪でも安定した走りを見せる。オプションのバウローラー、GPSなどで出費が約100万円ほど増えたけれど、やはりボートの値段って見た目よりも高価という印象です。

2012年5月12日、多くの島民から労いの言葉をいただきつつ最後の航海を終えました。1998年9月29日の事業開始から約1,500航海、約10,000海里(18,520キロ)。丁度、瀬戸内海からアメリカ西海岸まで走破した計算になります(笑)。

最近、つくづく思うのですが、良いデザインとは、良い「骨格」を作ること。造形には、好き嫌い、流行、廃りがある。家も街も都市も国も同じで、美しさよりも大切なのは、未来へのギフト・健康的な「骨格」を作る事なのではないか? 1997年、宇野港再開発計画が行政主導で推し進められていることに危機感を感じ、その真ん中に楔を打ち込むプロジェクトを経験して、ますますそのように思うようになりました。

その時、書家の渾 彩秀さんにプロジェクトのシンボルに掲げた「飄」という文字(離島生活支援船やヨットの船名にも用いました)を揮毫していただいたのですが、「この文字にどのようなイメージを込めたいのですか?」と問われ、答えに窮してた時に教えていただいたのが 、たゆたえども沈まず(Fluctuat nec mergitur)という標語でした。19世紀半ばまで、パリは動乱に満ちていたそうです。「荒天に見舞われ、帆布も舵も失い、波風に翻弄されても、決して船は沈ませないぞ」というメッセージでしょうか? 花の都・パリ市の紋章・帆船に添えられているこの標語には、そうした逆境を乗り越えたパリ市民の心意気が感じられます。

僕は、ヨットやモーターボートで年間100日ほど海に出ますが、そこは、嘘やハッタリが一切通用しない世界。ヨット・ビルダーで、外洋航海者の池川富雄さんも、「海上の変化は、時々刻々、アマチュアだから海も少しは手加減してくれるかというとそんなものではありません。海は、アマチュアにもプロにも、金持ちにも貧乏人にも、良い船にも悪い船にも、年寄りにも若者にも、地位や名声がある人にも無名の人にも、全く公平にその荒々しさや優しさを見せてくれます。だから素晴らしい」と、語ります。

だからといって、慣れた海ばかりをなぞって無事に港へ帰ってきても、それを航海と呼ぶにはふさわしくない。荒れた気候の中をくぐり抜けた時は、気持ちが高揚して気分がいい。自然に対する能力を開発していかなければ、見えてこない世界がある。海に限らず、自然に深い敬愛の念を抱いている人の眼差しは信頼するに値すると考えます。楽しさの充足を主とする社会の形成、それに安全と利便を調和させたい。

宇野港第7桟橋に係留中の自艇(2006)

この記事を書いた人