横田美晴さん

  • ブックマーク

アイキャッチ画像は、2012年に大丸・神戸店で購入した横田美晴さんの作品・ Violet Lover(ミクストメディア)。会場で美術営業スタッフに捕まってアドバイスを聞いていたら、美晴さんが「この方は、絵が解る人だから」と助け舟を出してくれました。なんだかこの場に似つかわしいとお墨付きをいただいたように感じて、一瞬誇らしく思ったのが気恥ずかしい 🤣

Violet Lover(2012)
横田美晴・絵画展@ドラードギャラー

東京のドラードギャラリーでの作品展で一目惚れした横田美晴さん。聞けば岡山が故郷で、共通の友人が2人も居たのにビックリ! 2013年3月には、MIU ART BOX(2004〜2017)に妖精の森を寄せていただきました 😊

ドラード早稲田(2012)

ドラードギャラリーが入居しているドラード和世陀は、建築家・梵 寿綱さんが設計し1983年に竣工した6階建の賃貸マンション。この日は、偶然にも梵 寿綱さんがギャラリーのオーナー・小原聖史さんを訪ねて来た瞬間に立ち会うが出来ました。こんにちは! 因みに早稲田大学の大隈講堂(重要文化財)は、目と鼻の先。次回訪ねた時は、こちらも見学しなくっちゃ 🤣

日本のガウディと呼ばれる男。建築家・梵寿綱インタビュー(美術手帖)

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:美のイコン(終了)
    大槻 透 + 平田 望 + 横田美晴
会 期:2021年9月29日(水)〜10月5日(火)
    10:00〜20:00
会 場:銀座三越 ギャラリー
    東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越7F
    03-3562-1111(代表)

このたび、銀座三越 本館7階ギャラリーにて「美のイコン」を開催いたします。キリスト教世界では古くから、眼に見えない聖的事象を視覚化しイコンとして崇拝の対象としてきました。それは現在にまで残り、美術史の重要な一部を成します。宗教のような大きな物語が以前よりも機能を失い始めた昨今、当時のイコンも単なる過去の遺物化を避けられない状況です。美術は現在新たなイコンを創出することが可能なのでしょうか。

そこでこの度は、美しさ、麗しさという眼に見えぬ抽象概念を具象的事物によって視覚化することで、現代のイコンを作り出す試みです。モデルをただ写実するのとは異なり、常に美のイコン化を図り女性像を描く作家によるグループ展を企画いたします。歴史に残る可能性を秘めた、普遍的で強度ある現代のイコンが生み出されるかもしれません。ぜひご高覧ください。

履歴

児童書などのカバー装幀・本文挿絵・図書設計を主に制作。デザイナー経験を生かし、海外絵本の日本語版出版のアドバイザーとして多数参加。作詞もこなし、横田美晴 × Echarine, Ellie Yoshimura コラボレーションにて音楽業界にも進出、楽曲・CDジャケット制作もしている。

フランス・MB-puzzles 社にてイラストが商品化され、ヨーロッパ各国で発売中。デジタルとアナログの画材を柔軟に使いわけ、教育機関からも注目されている。国内のデパート等を中心に絵画展を全国展開中。東京デザイナー学院イラストレーション科講師。

個展など

2019 個展・記憶(銀座三越 ギャラリー)
2016 個展・少女王国 金と銀の薔薇と星(銀座かわうそ画廊
2015 個展・アリスと見た夢(大丸・心斎橋店
    個展・五月の薔薇たち(銀座かわうそ画廊
    個展・少女王国(東武百貨店・池袋店
2014 個展・屋根裏部屋の薔薇たち(ギャラリー滴庵)
2013 二人展・センチメンタルファンタジア(ドラード・ギャラリー
2012 個展・はらはらと はなやかに(大丸・神戸店
    個展・薔薇色の少女たち(ドラードギャラリー

この記事を書いた人