暮しの手帖 第一・第二世紀 1〜100号

  • ブックマーク

NHK の朝ドラ・とと姉ちゃんの主人公が、暮しの手帖の創業者・大橋鎭子さんと知り、30年ほど前に母から生前贈与されていた第一・第二世紀の 1〜100号の欠番を補填してみました。将来的には、地元の図書館に寄贈したいと考えています。

暮しの手帖は、昭和23年(1948)9月に「美しい暮しの手帖」として創刊。第22号から現在の雑誌名・暮しの手帖と改名。広告を載せない雑誌として知られていますが、唯一、第一世紀の第3号(初版)の裏表紙に資生堂の「ゾートス化粧品」の広告が掲載されているそうですね。

因みに、「暮しの手帖」とわたし(著:大橋鎭子)は、戦後の食料、物資不足の中、女性のおしゃれ心に灯を点したいと、花森安治さんと一緒に創刊したスタイルブックで、暮しの手帖に繋がるエピソードなどが当時の世相と共に描かれていて勉強にもなりました。創刊号に川端康成、第5号に東久邇成子が寄稿するに到る話も感動的。改めて第一世紀と第二世紀を読み返すナビゲーターとしても有用な良本です。

企画展:花森安治の仕事(終了)
    デザインする手、編集長の眼
会 期:2017年4月18日(火)〜5月21日(日)
    10:00〜18:00(入場は17:30まで)
観覧料:700円(一般)
会 場:碧南市藤井達吉現代美術館
    愛知県碧南市音羽町1-1
    0566-48-6602

花森安治(1911〜1978)は、終戦まもない1946年3月に、大橋鎭子を社長とする衣裳研究所を銀座に設立、新進の服飾評論家としてデビューしました。〈直線裁ち〉という誰もが簡単に作れる洋服を提案した『スタイル・ブック』は評判を呼びますが、かねてより計画していた生活家庭雑誌『美しい暮しの手帖』(のちの『暮しの手帖』)を1948年9月に創刊し、その後、社名も暮しの手帖社へと変更します。

〈衣・食・住〉を基本にすえつつ、もののない時代には〈工夫とアイデア〉による豊かな暮しを提案、電化製品が普及した高度成長期には〈日用品の商品テスト〉を実施、そして食品添加物や公害問題が叫ばれた70年代には〈社会の矛盾を鋭くえぐる批評〉を誌面で展開し、ペンで権力に挑みました。30年間にわたり一切広告を入れず発行100万部に迫るまでに成長させた『暮しの手帖』を舞台に、表紙画からカット、レイアウト、新聞広告、中吊り広告まで、取材や執筆はもとより、制作から宣伝まで、すべてを手がけたのが編集長・花森安治だったのです。

本展では、花森の作品そのものともいえる『暮しの手帖』が庶民に向けて発したメッセージに、改めて耳を傾けます。戦時中の大政翼賛会での仕事にも着目しつつ、花森が全身全霊をかけて打ち込んだ出版活動を、ひとつの雑誌を超えた「運動」として捉え、多彩な仕事のなかからその思想を探ってゆきます。

この記事を書いた人