交流施設・uz(うず)

  • ブックマーク

志定まれば、気盛んなり(吉田松陰)・・・感涙! 交流施設・uz(うず)のリニューアルに携わった者にしか理解の出来ない秘蔵映像(笑)・・・高原次郎兵衛正伸 殿、見事な腕前でござる。フル音量、フルスクリーンでの鑑賞を願います  😅

オープン時は、直島カフェ・コンニチハの山下幸紀さんに運営していただき交流拠点としての実績を積み上げていだだきました。そして、2020年7月からは、埼玉県入間市生まれで、2017年に横浜から岡山に移住された上田春彰さんにシェアショップ uz として引き継いでいただいています。

森美樹さんの記事

福武教育文化振興財団の機関誌・不易(N0.68)で紹介されたうのずくり実行委員会の森 美樹さん。広島県出身で、倉敷芸術科学大学でガラス工芸を学んだ後、玉野市に移住。共同アトリエ・TONOI で自らの創作活動を続ける傍ら、2016年6月からは、玉野市公認のたまのの IJU コンシェルジュとして、市の担当者とも提携しつつ、移住される方・移住された方をサポート。

毎月第2日曜日の10:00~13:00頃に開催される朝ごはん会@玉野魚市場のお世話もされています。市場で売られている魚介類を調達、焼いたり、煮付けて、ワイワイ、ガヤガヤ、ダラダラと酒盛りをするスタイル。どちらかというと、朝ごはんというよりブランチですが、数百円を握りしめてご来場していただければ、森さんのフォローもあるので、ほとんど手ぶらで楽しめるはずです 😃

展示会:うのずくりの活動報告展(終了)
会 期:2020年3月12日(木)~3月22日(日)
    9:00~21:00
主 催:NPO 法人 みなと・まちづくり機構たまの
共 催:玉野市
入場料:無料
会 場:ショッピングモール・メルカ 2階
    玉野市宇野1-38-1
    0863-31-1388(うのずくり)

ここでこうして友人たちと楽しい時間を過ごしていると、石川直樹さんがインド、ネパール、カナダ、アラスカ、北極、南極など、地球の極地を縦横無尽に歩き回った旅の記録本・「いま生きているという冒険」を思い起こしました。僕ら凡人には解読不能なイメージ力が流れており、ただの旅行記としてうっかり読み進めていると、道に迷いそうですが・・・

May your passion lead you to unknown height.

現代人には、Walk out(自然に戻るための歩き)することが必要ではないかと、石川さんは話されます。そうすれば、いにしえの人類が長い歴史の中で獲得していた、卓越した技術と神話的な思考を組み合わせて、イメージによって世界そのものと出会うことができるだろうと・・・

宇野港も何気ないけれど、美しいと語られる空間を獲得して欲しい。暫くは、現実的な恵みをもたらさなくても、その空間が、人々を魅了する原風景にまで昇華されこともあるのだから。

この記事を書いた人