ツツむ(書)

  • ブックマーク

2005年5月の MIU ART BOX(2017年4月20日、閉廊)を飾った書家・吉川壽一さんの作品・ツツむ(阿波和紙・150cm × 100cm)。江戸時代に千利休が大成した茶道や華道などと共に、真の心の交わりを求めるツールの一つとして洗練を極めてきた書道は、今、現代アートの新たな旗手として各方面から注目を集めているようです。

吉川さんは、NHK 大河ドラマ・武蔵の題字を揮毫。同郷のサトウリツコさんのご紹介をいただき、棟方志功さんの作品を手掛けていた方に表装していただきました。家宝モノでしょう。

作品展:京都・下鴨神社「舞殿」を飾る「迎新」展(終了)
    SYO ARTIST 吉川壽一
会 期:2019年12月27日(金)~2020年1月17日(金)
主 催:昌昌会(吉川壽一後援会)
後 援:賀茂御祖神社、株式会社 ソニー・クリエイティブプロダクツ
会 場:世界遺産・下鴨神社(賀茂御祖神社)重要文化財「舞殿」
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
    045-221-0300

令和が始まり新しい日本を寿ほぐ迎新展。新年の吉兆・長寿を祈念し、舞殿に”子”から始まる十二支と鴨長明の和歌を14の作品にして展示します。

略歴など

2009 吉川壽一の挑戦(京都国際マンガミュージアム・京都)
2007 ホテル・エミレーツパレスにて揮毫(アブダビ)
     天龍寺にて揮毫(京都)
2006 第8回 世界宗教者平和会議にて揮毫(京都)
2004 ルーブル美術館前庭にて揮毫(パリ)
     NHK「ようこそ先輩・課外授業」に出演
2003 NHK 大河ドラマ・武蔵の題字を揮毫
2001 エルメス・PARIS のスカーフ制作
1993 SHO 吉川壽一 PARIS 展(パリ)
1989 百福萬福書法展(北京)

この記事を書いた人