アルファベットの伝え方

  • ブックマーク

インターネットというインフラも、ファクシミリ(FAX)も一般に普及していなかった時代、電話で名前や地名などを伝える時に文字の判別が難しい時がありました。特に、「BとD」、「IとY」、「MとN」、「SとF」、「TとP」などが聞き分けにくい。この混乱を避けるために生み出されたのが、フォネティックコード(Phonetic Code)。自分たちのような海事関係者の場合は、船名や港名などが対象になります。たとえば、こんな感じです。

Aさん:「Union、New York、Oslo、Paris、Oslo、Rome、Tokyo」
Bさん:「UNOPORT・・・了解!」

日本では、下記の「KDD式」を良く使うようで、「ボンベイ(Bombay)のビー(B)」なんて言います。地名が多いので覚えやすいですね。当然、和文用の通話コードもあります。

A ・・・ America
B ・・・ Bombay(現在のムンバイ)
C ・・・ China
D ・・・ Denmark
E ・・・ England
F ・・・ France
G ・・・ Germany
H ・・・ Hong Kong
I ・・・ Italy
J ・・・ Japan
K ・・・ King
L ・・・ London
M ・・・ Mexico
N ・・・ New York
O ・・・ Oslo
P ・・・ Paris
Q ・・・ Queen
R ・・・ Rome
S ・・・ Spain
T ・・・ Tokyo
U ・・・ Union
V ・・・ Victory
W ・・・ Washington
X ・・・ X ray
Y ・・・ Yokohama
Z ・・・ Zebra

因みに、郷土・玉野市出身の高嶋哲夫さんの小説を元に、2007年に作られた映画・ミッドナイトイーグルで特殊爆弾の機動を止めるパスワードを自衛隊から無線で伝えるシーンでは、「タンゴの T 、エコーの E 、インディアの I 、ゴルフの G ・・・」と、NATO 同盟国で採用されているコード表が使われていました。

閑話休題・・・こちらは、2013年度の新聞広告クリエーティブコンテストで最優秀賞を獲得した山﨑博司さん(博報堂)の作品・・・ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。

「ある人にとってしあわせと感じることでも、別の人からみればそう思えないことがあります。反対の立場に立ってみたら。ちょっと長いスパンで考えてみたら。別の時代だったら。どの視点でその対象を捉えるかによって、しあわせは変わるものだと考えました」。そこで、みんなが知っている有名な物語を元に、当たり前に使われる「めでたし、めでたし」が、異なる視点から見ればそう言えないのでは? ということを表現しました。広告を見た人が一度立ち止まり、自分の中にさまざまな視点を持つことの大切さを考えるきっかけになればと思っています

山﨑博司さんの作品へのコメントより

僕が、このポスターを知ったのは、宮﨑大輔さんが書かれた「ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました」という投稿でした。このモヤモヤ感は、なかなか解消出来そうにない。

これは、戦後直後の猛烈なインフレ対策としてGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の検閲を受けて新たに作られた日本銀行券・十円紙幣の表面なのですが、1946年3月1日の発行当初から「この札のデザインには、GHQ の陰謀がある」とまことしやかに語られていたそうです。そして、1953年7月28日、鳩山(一郎)自由党の中川俊思議員が衆議院大蔵委員会で、右手に10円札を掲げて「10円札の誕生の経緯と廃止理由」を説明して「公式」の話題になった次第で・・・

1 表面の2つに分断されている意匠は、”米国” の2文字を表しているのではないか?
2 表面の左側議事堂下にあるもやもやした部分は炎上する戦艦・大和を象徴しているのではないか?
3 表面の右側左下に鉄兜をかぶった MP が菊の紋を監視しているように見える
4 表面の菊の紋が鎖につながれている感じがする
5 表面の議事堂の左側にある13の窓の十字架は、東京裁判(極東国際軍事裁判)で絞首刑になった A 級戦犯を表しているのではないか?

などなど・・・確かに? 寄せては返す波の音(^^;)

この記事を書いた人