旧野﨑家住宅

  • ブックマーク

岡山県倉敷市児島には、製塩業と新田開発で財を成した野﨑武左衛門(1789〜1864)が、1830年頃から1850年頃にかけて築いた旧・野﨑家住宅(野﨑家塩業歴史館)があります。アイキャッチ画像は、長屋門。

旧・野﨑家住宅(2020)

長屋門を入ると、本瓦葺の主屋群と土蔵群が眼前に広がり、左手の中門を潜ると表書院の枯山水庭園が迎えてくれる。表書院、中座敷などが襖を開けて公開されていて北の向こう座敷まで9部屋(約42m)が通して見える。敷地面積約3,000坪・建物延床面積約1,000坪。

旧・野﨑家住宅(2020)

現在、画像左上の米蔵2棟を歴史資料、製塩道具183点、野﨑家使用の民具などを展示する野﨑家塩業歴史館として公開されています。当時の使用人は、約70人で切石敷きの台所は、約45坪もあり展示されている台所用品も見応えがあります。1977年に岡山県の指定史跡となり、1995年には博物館に登録されます。そして、2006年には建造物が国の重要文化財に指定され、2011年には財団法人・竜王会館が岡山県の博物館として初の公益財団法人に認定されています。

近所には、古道具店・ウームブロカントや、ピンクのステッチと藍染めの腰裏生地がアイコンの桃太郎ジーンズなどが軒を連ねる児島ジーンズストリートがあり散策も楽しめます。

ジーンズストリートマップ

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

企画展:今昔礼賛
会 期:2022年9月13日(火)〜11月18日(金)
    9:00〜16:30
入館料:500円(一般)
会 場:旧野﨑家住宅(野﨑家塩業歴史館)
    岡山県倉敷市児島味野1-11-19
    086-472-2001

倉敷市在住で第4回岡山県新進美術家育成「I氏賞」大賞、エネルギア美術賞を受賞した画家・児玉知己の個展に合わせ、金孝妍・李侖京の2名も加わり、現代芸術と歴史的建築空間とが共鳴する展覧会。豊かな色彩で、華麗かつ深遠な世界を繰り広げます。

溜石

こちらは、旧野崎家住宅の庭に展示されている溜石。「塩を煮つめるのに使用した石炭の重量を計るため、船に積んで印(喫水線)をつけるのに使った石(分銅)です。1個60kg(16貫)」と説明板にありました。

余談ですが、船に積荷する貨物の容積を求める方法に才数(さいすう)という単位があり、1立方尺(0.303m × 0.303m × 0.303m = 0.027818127立方m)の35倍が0.973634445 = 1才(さい)。重量に換算すると8kgと定めました。つまり、1立方m = 35才 = 280kg 。例えば、重さが僅か100gしかない一辺50cm(0.5m) の貨物も才取り計算では、0.5m × 0.5m × 0.5m × 280 = 35kg の値が適用され運送料金に反映されます。どこかで、この知識が役に立ちますように(笑)。

梅荘(2019)

こちらは、武左衛門の孫・武吉郎の旧別荘をうどん店にした梅荘。瀬戸内海の代表的な景勝地・鷲羽山展望台にも近接。週末は、開店1時間で麺が売り切れてしまうこともあるし、臨時休業も多いので問い合わせをして訪ねて欲しい。

この記事を書いた人