旧野崎家住宅

  • ブックマーク

製塩業と新田開発で財を成した野崎武左衛門(1789〜1864)が、1830年頃から1850年頃にかけて築いた旧野崎家住宅(野崎家塩業歴史館)。梅雨の晴れ間を狙って、30数年振りに訪ねてみました。敷地面積約3,000坪・建物延床面積約1,000坪。長屋門を入ると、本瓦葺の主屋群と土蔵群が眼前に広がり、左手の中門を潜ると表書院の枯山水庭園が迎えてくれる。表書院、中座敷などが襖を開けて公開されていて北の向こう座敷まで9部屋(約42m)が通して見える。庭の一角に塩釜明神が祀られているのもお見逃し無く。

米蔵2棟(左上)を野崎家塩業歴史館として公開、武左衛門の歴史資料、製塩道具183点、野崎家使用の民具などを展示。当時の使用人は、約70人。切石敷きの台所は、約45坪もあり展示されている台所用品なども興味深い。1970年から財団法人・竜王会館が管理。1977年に岡山県の指定史跡となり、1995年に博物館登録。2006年に国の重要文化財(建造物)に指定。2011年に岡山県の博物館として初の公益財団法人に認定されています。

企画展:明治・大正の女性画展
会 期:2021年9月9日(木)〜11月21日(日)
    9:00〜16:30
入館料:500円(一般)
会 場:野崎家塩業歴史館(旧野崎家住宅)
    岡山県倉敷市児島味野1-11-19
    086-472-2001

幕末から大阪で活躍した文人画家で、野﨑武吉郎の娘(柳江)の絵の指導した橋本青 江の作品を中心に、野﨑家がコレクションした明治・大正期の女性画家の暖簾や掛軸 などを展示します。

梅荘

近隣には、ピンクのステッチと藍染めの腰裏生地が特徴の桃太郎ジーンズや、古道具店・ウームブロカントなどの店舗が並ぶ児島ジーンズストリートあり散策も楽しめます。

そして、ランチにお勧めなのが、野崎武左衛門の孫・武吉郎の旧別荘を食事処にした梅荘の絶品・天ざるうどん(画像右上)。週末は、開店1時間で麺が売り切れてしまうこともあるので要注意。また、臨時休業も多いので問い合わせの上で訪ねて欲しい。

旧野崎家住宅の庭に展示されていた溜石

閑話休題 ーーー 才取り(さいどり)

才取りとは、船の積荷の容積(体積)を求める為に生み出された単位で、1辺1尺の立方体を1才(8kg)と定めました。1立方尺は、 0.303m × 0.303m × 0.303m = 0.027818127立方m で、その35倍が0.973634445。この値を1立方m = 35才= 280kg と定めました。例えば、一辺50cm の四角い箱は、実重量が 100g でも、0.5m × 0.5m × 0.5m × 280 = 35kg の値が適用され運送料金が決まります。どこかで、この知識が役に立ちますように(笑)。

この記事を書いた人