斉藤清光さん

  • ブックマーク

僕は子供らしい絵を描いたことが一度もない。 僕は描かずに探したりはしない。描きながら発見するのだ。 絵は考え抜かれた結果として描かれたものでもなければ、あらかじめ決められた通りに描かれたものでもない。描かれている途中で人の考えが変わるように変わってしまうものだ。絵には、生き物みたいに人生があって、私たちの日々のように変化も経験もする(パブロ・ピカソ)。

アイキャッチ画像は、企画展・HOT SUMMER ART BATTLE! @ギャラリー・サンコアのオープニング・パーティに参加していた作家さんたち。お揃い状態の Tシャツは、斉藤清光さん(後列右から2人目)の「危ない絵」が大好評の MIU ART BOX(2004〜2017)のオリジナル。

斉藤さんは、「生きがいを見つけた者は全て勝者だ。僕の場合は絵を描くことで他に興味ない!」と語ります。アートは、老若男女の垣根を簡単に取り払ってくれる魔法の鍬。自分の心の畑を常にほっこりと耕しておきたいものです。勿論、水やりや草取りも忘れずにね(笑)。

MIU ART BOX コレクション展@uz(2014)

彫刻家・佐藤忠良と画家・安野光雅が編纂した「子どもの美術」(現代美術社)の「この本を読む人へ」と題した後書きに「図画工作の時間は、じょうずに絵をかいたり、ものを作ったりするのが、めあてではありません。じょうずにかこうとするよりも、見たり考えたりしたことを、自分で感じたとお理に、かいたり作ったりすることが大切です。しんけんに、絵をかき、ものを作りつづけていると、じょうずになるだけでなく、人としての感じ方も、育ちます。このくり返しのなかで、自然の大きさがわかり、どんな人にならなければならないかが、わかってきます。これがめあてです」と著しています・・・そうか! そういう事由があったのですね。自分の場合は、第三者から褒められたり認められる事が主眼だったように思います。早めに筆を折って正解でした 😅

form from a leg(2004)
form from a leg(2004)
eye-roach(2005)

こちらは、斉藤さんが宇野港周辺で開催されている「玉野みなと芸術フェスタ」(2003〜)で公開したインスタレーション作品・eye-roach@拙宅なのですが、今も当時の使われた支持金具が残っています。どうしてなの? 😅

word-roach series・trap(2012)

個 展:斎藤清光・作品展(終了)
    アブナイ
会 期:2018年8月6日(月)〜8月26日(日)
    10:00〜18:00
会 場:ギャラリー・サンコア
    玉野市築港1-13-6
    0863-32-0866

ミニマリズムを超え白日のもとにさらされたアート。薄っぺらいペラペラの紙にペラペラとしゃべり続けています。アッケラカンとした軽いペラペラアート。ひょっとしたらまったく無駄かもしれない。しかしながら、それでもペラペラと線をひく。

foolish drawing on paper plate

Recently Exhibition (extract)

2016 ”wordroach”(Kentler International Drawing Space
2015 ”WORD-ROACHI”(artspace エディション・シミズ)
2014 ”LARGE & small” Kentler International Drawing Space, N.Y.
     “we’re WORDROACHI”(Gallery Sans quoi)
2013 ”Self Portrait” Figureworks(Gallery, N.Y.)
2012 ”The Influential Female” (Kentler International Drawing Space, N.Y.)
2011 ”Foolish Drawing Book Signing Party and Exhibition” (Gg Gallery, N.Y.)
2010 ”he-no-he-no-mo-he-no”(Ekihigashisouko,)
     “Giggling, Bubbling”(Da Gallery, N.Y.)
2009 ”Digital Art, LA 2009 – Laughing Man”(L,A, Center for Digital Art,CA.)
2008 ”DOTMOV FESTIVAL 2008″(MOCA China, Hong Kong. Arte Mov, Brazil.)    
     “Image and Motion- Laughing Man, Twin nose dirt”
     The Smart Festival(Open Concept Gallery, MI)
     Short Film Shooting(Gallery Onetwentyeight, NY)
2007 ”Blast” Holland Tunnel Art Projects, NY
2006 ”Vision of the Figure” Fugureworks, NY
2005 ”New York – Bari” Via Monzone, Bari
     “Project Diversity” Taste Like Chicken Art Space, NY
2004 ”wordroach” Hiro Chikashige Gallery, Okayama
     “Projection – wordroach” Nurture Art, NY
     “20 very short film and video selections – wordroach”
     Oculais at Galapagos Art Space, NY
     “film and videos by Brooklyn based artist – wordroach” 
     Canter Auditorium, Brooklyn Museum. NY
     “Banner Project”- Chickens” The Front Room, NY 
2003 ”New York Cross – Cut”

この記事を書いた人