MIU ART BOX

  • ブックマーク

 1990年、活動拠点を日本からニューヨークに移した造形作家・斉藤清光さんから宇野港アートマップ構想の一環として提案され、宇野港フェリーターミナル・離島航路棟の待合所壁面に開設したギャラリー・MIU ART BOX。2004年7月18日のオープニングを飾ってくれたのは、斉藤さんのペンとオイルステックによる作品でした。

当時の地中美術館館長・秋元雄史さんから「センスが良いねぇ! 誰がやっているのかと思ったよ」と声を掛けて貰ったのを励みに活動してきましたが、フェリー会社との代理店契約が破棄となった2017年4月20日に閉廊となりました。アイキャッチ画像は、2016年11月に展示していただいた高本敦基さんの作品・Life in the fall _48623_(撮影:青地大輔)の搬入風景。

宇野港フェリーターミナル・離島航路棟

こちらは、キューレターの那須孝幸さんに企画協力いただいて開催した二人展・「ビニール・ホーム ~ 透明な境界の家」展の会場風景。作家は、岡部 玄さんとサトウリツコさん。会期:2008年8月12日(火)~8月17日(日)。主催:MIU ART BOX。会場:倉敷市立美術館 第一展示室。会期中に両名の公開制作があり作品の「変容」を楽しませて貰いました。

「ビニール・ホーム ~ 透明な境界の家」展@倉敷市立美術館(2008)

学生時代に美術やデザイン全般を学び、インテリア&建築の月刊誌・JAPAN INTERIOR DESIGN の編集部に席を置いていた経験があるものの、現代アートには無縁だったので、当初は、作家さんからの紹介を頼りに展示を行っていました。その内、展示作品に自分の趣向を反映したくなり、各地のギャラリーを訪ねて作家に展示依頼、コレクションとして作品を買い上げるようになりました。

MIU ART BOX コレクション展@交流拠点施設・uz(2014)

こちらの画像は、交流拠点施設・uz(ウズ)で行った MIU ART BOX コレクション展。MIU ART BOX の閉廊で、現代アートの「現場」からは縁遠くなりましたが、今も最寄りのギャラリーで細々と蒐集も続けています。因みに、このブログの取り上げなかったコレクションは、Instagram( 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 )に少しですがアップしています。ご高覧いただけたら幸いです 🤣

こちらは、ギャラリー名の由来となった愛猫・ミュウの昼寝姿@自宅屋上にて 🤣

この記事を書いた人