ジェームズ・タレルさん

  • ブックマーク

ベネッセアートサイト直島家プロジェクト・南寺に感動して、一気にファンになったジェームズ・タレルさん。香川県の直島にタレル・ブルーのネクタイ姿で上陸された姿(クエーカー教徒の家庭に育っただけに清楚な雰囲気が漂っていました)が目に焼き付いています。

2004年7月18日に開館した地中美術館では、「アフラム、ペール・ブルー」 、「オープン・フィールド」、「オープン・スカイ」の3点が楽しめます。「オープン・フィールド」では、青い粒子の静寂の中に身を浸すことになります。入口の方向を振り返った時の色の変化にも驚かされます。「オープン・スカイ」は、天井に四角い穴が開いていて、ただの空が見えるだけなので日中に訪れると何も感じられないかもしれませんが、ナイト・プログラム(日没から約40分間)に参加すると魔法に酔えますよー お勧め!

最近、オープン・フィールドに転落防止用の柵が設けられた。案内係のスタッフも残念がってました。魅力半減(2005年2月20日、追記)。

オープン・フィールドの転落防止用の柵が撤去され、案内係のスタッフが注意喚起するようになっていました。本来、注意喚起さえも不要な筈なのに、平気でルールを違反する子供の国・日本・・・恥ずかしい(涙・2007年5月5日、追記)。

ジェームズ・タレルさんと内藤礼さんがベネッセアートサイト直島での作品制作や、自身の活動について語る記念トーク(聞き手:茂木健一郎さん)に参加してきました(2008年2月3日、追記)。

Stone Sky, Skyspace, 2005. Stonescape, California

企画展:James Turrell(終了)
    THE SUBSTANCE OF LIGHT
会 期:2018年6月9日(土)~10月28日(日)
    10:00〜18:00
入場料:14 euros
会 場:MUSEUM FRIEDER BURDA
    PLichtentaler Allee 8b 76530 Baden-Baden Germany
    +49 7221 39898-0

Anyone who immerses themselves in James Turrell’s light spaces enjoys a magical experience: the colored, changing light makes the room seem endless.

Born in 1943 in Los Angeles, Turrell took an avid interest in flying at an early age. Today, he describes the skies as his studio, his material, his canvas. In the 1960s, influenced by minimal art and land art, he employed a range of techniques to give the immaterial light a physical presence. The Substance of Light at the Museum Frieder Burda is an exhibition conceived in close cooperation with the artist himself. Over five decades, Turrell’s work has combined conceptual thinking, science, technology and spirituality to create a unique art form: the artwork takes shape through the perception of the observer. Turrell uses immaterial, colored light to create impressions of mass and volume, spaces and objects, which can assume the form of surfaces, cubes, pyramids or tunnels.

The exhibition brings together works from Turrell’s best-known series from the last decades and hitherto unseen works, along with the light sculpture Accretion Disk, which was created especially for the Frieder Burda Collec- tion. The highlights of the show include the enormous Ganzfeld light room, which caused a sensation at the Venice Biennale in 2011. Turrell’s Wedge- work installations create walls and barriers of light. They suggest spatial depth but also evoke the monochrome canvasses of color field painting. A series of models, photographs and a documentary present the most important stages and works of Turrell’s oeuvre, including his most am- bitious project, the Roden Crater: During a flight in the 1970s, he noticed an extinct volcano in the Arizona desert. Since then, he has been con- verting it into a type of space observatory. This complex of subterranean chambers, shafts and tunnels is like a temple dedicated solely to light.

この記事を書いた人