はくおう

  • ブックマーク

2018年7月31日、宇野港大型客船バースに入港した貨客船・はくおう。

新日本海フェリーすずらん(初代)防衛省がチャーターして、平成30年7月豪雨・被災者の支援船として派遣。宇野港での宿泊支援(1泊2食)利用者は、8月3日〜8月13日で、のべ311名。前港の尾道糸崎港での入浴支援利用者は、7月15日~7月28日で、のべ5,122名との発表がありました。

船 名:はくおう
船 主:高速マリン・トランスポート(株)
運航者:新日本海フェリー(株)
トン数:17,345トン
全 長:199.5メートル
全 幅:25.0メートル
造船所:石川島播磨重工業(株)東京第1工場(現・IHI
就 航:1996年6月11日

ところで、船の大きさを表す単位・トン数には、容積トンと重量トンという考え方があって、更に、容積トンは、総トン数(Gross tonnage)と純トン数(Net tonnage)に大別されていて、入出港で岸壁などの港湾施設を利用する際には、純トン数で申告するのがルールになっているそうです。

たとえば、宇野港にも度々寄港している大型客船・ぱしふぃっくびいなすの総トン数は、26,594トンですが、純トン数にすると 7,978トン。結果、係船料や入港料などの算定基準となる数値が小さくなり、船舶が支払う費用が安くなるというマジック(笑)。船籍をタックス・ヘイブンであるパナマなどに置く租税回避行為同様、素人には腑に落ちない話に思えるのですが、海に限らず、国際的なルールって、複雑怪奇な力学が働いているのでしょうね。くわばらくわばら 😅

この記事を書いた人