平等院

  • ブックマーク

京都南部の宇治の地にある平等院は、源氏物語の主人公・光源氏のモデルとされる源 融(822〜895)の別荘跡。後に、平安時代に栄華を極めた藤原道長(966〜1028)のものとなり、その息子の藤原頼道(992〜1074)が、1052年に大日如来を安置して寺とした。しかし、数多くの堂宇は、残念ながら1336年の楠木正成と足利尊氏の戦いで焼失してしまう。

唯一の遺構・阿弥陀堂(鳳凰堂)が落慶供養されたのは、1053年。極楽浄土を現したもので、鳳凰堂が阿字池という池に映り美しい(アイキャッチ画像)。仏師・定朝の作として唯一確証のある本尊・阿弥陀如来坐像が安置され、その周り長押の小壁の高い位置に雲に乗り楽器を演奏したり踊っている52躯の雲中供養菩薩像が配されていた。しかし、平等院ミュージアム鳳翔館(設計:栗生明)が開館した2001年に雲中供養菩薩像は、保存、修理のため取り外され、同館内の見事なデザイン力が発揮された空間に移転、展示されるようになった。これまた、濃密な阿弥陀信仰の残像を漂わせることに成功している。

特別展:開館20周年記念
    平山郁夫・浄土の祈り
会 期:2021年10月9日(土)〜2022年2月9日(水)
    9:00〜17:00
入館料:600円(一般)
会 場:平等院ミュージアム鳳翔館
    京都府宇治市宇治蓮華116
    0774-20-6607

平山郁夫(1930〜2009)は、日本文化の源流を求めて仏教伝来の道であるシルクロードを旅し、平和をテーマとした数々の名作を遺した日本画家です。また、世界の文化遺産保護活動を精力的に取り組んだことでも知られています。画伯は、平成に入るとシルクロードの東の終着地点である奈良や京都の寺社仏閣を改めて描くようになりました。その早い時期の本格的な大作として描いたのが平等院鳳凰堂です。平等院にも何度も足を運び、御堂が阿字池に映える優美さはまさに浄土のようだと語っています。

開館20周年を迎える記念すべき年にあたり、画伯の13回忌を追悼し、平山郁夫シルクロード美術館の全面的な協力のもと本展覧会を開催することとなりました。本展では、「浄土幻想 宇治平等院」を中心に、大下図や阿弥陀如来坐像の素描などを展観いたします。大下図や素描の何度も重ねられた線や形からは、画伯の試行錯誤の跡が確認できるとともに、制作意図や想いが直接伝わってくるようです。極楽浄土を体現した平等院にて、画伯が画面に込めた浄土への祈りをぜひお感じとり下さい。

この記事を書いた人