ベネッセハウスにて

  • ブックマーク

2007年の春、第1回の神戸ビエンナーレ立ち上げに際して、同実行委員会からの要請で福武總一郎さんとの面会を仲介させていただいた。役職は当時のもの。画像上の左端から時計回りに、福武總一郎さん(ベネッセホールディングス取締役会長)、自分(大前廻漕店代表取締役)、谷内眞之助さん(福井工業大学デザイン学科教授)、吉田泰巳さん(華道家)、村上直之さん(神戸女学院大学文学部総合文化学科教授)、そして、画像には入っていませんが、梅村晋一さん(神戸市国際文化観光局参事)。ベネッセアートサイト直島のパーク・ラウンジにて (^_-)-☆

福武總一郎さんと安藤忠雄さんが発起人になり、2007年に発足した直島ファンクラブの第一期会員だった事も結構な自慢話(笑)。会員には、プログラム&交流会への優先的な参加権利、オフシーズンの宿泊料金割引などの特典が与えられました。しかし、当初の役割を終えたとして、2015年に惜しまれながら閉会。

森美術館(東京都)、金沢21世紀美術館(石川県)・ベネッセアートサイト直島(香川県、岡山県)を繋ぐ入館料割引制度=ミュージアムリンク・パスは、2005年8月1日に開始。各館利用時に提示し、スタンプを貰うと、2館目から入館料が割引になる。そして、最初の館の利用日から1年以内で3館を周ると特製グッズがプレゼントされる。2009年8月と2017年2月に割引・特典の内容がリニューアルされました。パスは、各館にて無料配布。詳細は、各施設の窓口にお問い合わせ下さい。

因みに、1992年、瀬戸内海に浮かぶ直島に開館したベネッセハウス(2006年、メセナアワード大賞受賞)は、2022年に30周年を迎えます。

この記事を書いた人