ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道

  • ブックマーク

人は誰でも生きるには、1日に最低4回抱きしめられるべきです。すこやかな心のために8回、元気でいるために12回。ドラッグよりハグ!(出典不明・笑)。沼隈半島の眺洋山山腹に建てられたホテル棟やリボンチャペル(設計:中村拓志)から向島や百島が浮かぶ美しい海を一望できるベラビスタ スパ&マリーナ 尾道は、それをホスピタリティで実現している。ありがとう! アイキャッチ画像は、客室のベッドで出迎えてくれる愛らしいデニム製のティディーベア。

因みに、セレブも利用するラグジュアリーなホテルでは、当日のスタッフにその旨が伝えられ、接し方を情報共有するようですね。ホテルに勤めている友人から、「貴方と同じ名前がリストにあったので、もしやと思って」との連絡を貰って、そのような事情を知ったとさ(笑)。

チェックインが済んだら、真っ先に大好きなスパに直行。露天風呂の眼前に広がる瀬戸内海の景色と春の涼風、ウグイスの恋の囁きとのシンクロに陶然となる(笑)。そして、今回も一番の楽しみは、鮨 双忘での夕餉。ご主人のおまかせに身を任せているだけで、屋号の通り浮き世を忘れるほどの濃密な時間を過ごせます。因みに朝食は、パートナーが洋食を要望するのでいつもメインダイニング・エレテギアを使っていますが、和食の瀬戸内 双忘にもいずれは。

左上から時計回りに尾道市立美術館、アートワーク・洸庭@神勝禅寺、日章館@アートベース百島、鞆の浦

ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道の近隣は、尾道市立美術館神勝禅寺アートベース百島ふくやま美術館鞆の浦など、観光スポットにも事欠かない。

NEWS! ご案内をいただきました 🤣

展覧会:町田尚子・絵本原画展
    隙あらば猫
会 期:2022年9月10日(土)〜11月6日(日)
    9:00〜17:00
入館料:800円(一般)
会 場:尾道市立美術館
    広島県尾道市西土堂町17-19
    0848-23-2281

画家・絵本作家の町田尚子は、絵本の物語を繊細なタッチと大胆な構図で描くことでその文章が生きる空間を表現し、高い評価を受けています。そうした町田の絵本には、所々に猫の姿が表されています。

町田の座右の銘は、「隙あらば猫」。童話や遠野物語、怪談絵本など、様々な物語の中で、猫を主人公として、時に脇役として登場させています。描かれた猫たちは、毛並みから仕草まで緻密に表現され、猫と共に暮らす町田の観察眼の鋭さ、そして猫を慈しむ眼差しが感じられます。

本展覧会では、デビュー作から最新作までの絵本原画や絵画、ラフスケッチなど貴重な制作資料を紹介します。絵本原画そのものが持つ繊細な筆致や迫力のある描写をお楽しみください。

この記事を書いた人