ALBINO DOLPHIN(写真)

  • ブックマーク

2005年10月の MIU ART BOX(2017年4月20日、閉廊)を飾った ポール・コールさんの作品・ALBINO DOLPHIN(写真・85cm × 60cm)。用紙は、ノマディック美術館のグレゴリー・コルベールさんも愛用している阿波和紙。撮影場所は、宇宙空間ではなく、サンフランシスコにある Aquarium of the Bay です(笑)。

ポール・コールさんは、サンフランシスコから貨物船に乗り込み日本に入国するほどの海好きにして、京都の俵屋に2週間も連泊するという強者。安藤広重の浮世絵が大好きというだけに、ユーモア溢れるテーマへの眼差しが魅力的です。

昨日、パートナーさんと3人で直島をご案内しました。生憎、地中美術館は、展示替えで閉館でしたが、ベネッセハウス家プロジェクトなどをご案内。護王神社の大きな玉砂利を見て、キリング・フィールドのようだ! と発言されたのには、一瞬ギョッとさせられましたが、流石です(笑)。 終始、ビューティフル! を連発されていたポールさんも、オーバルから見た瀬戸内海の景色には、更なるショックを受けたことでしょう。

2007年12月、活動拠点を日本からシンガポールに移すポールさんの送別会@鮨・魚正でプレゼントされた「Buddha in the world」

Paul Kohl Photography : a presentation at the U of Victoria

Exhibitions(in Japan)

2006 Found Objects(Okayama)
2005 Public Art, Photo-mural,(Invitational・Kurashiki)
     Hana(Invitational・Uno)
     Photofusion 2005(Tokyo)
     The Independents(Osaka)
2004 Art Today(Museum of Hyogo)
2003 The River(Kakogawa Cultural Center)
     The Spiritual in Art(Tenri Museum)

この記事を書いた人